パウロは、そんな時代の傾向に、異議を唱えたのです。それは霊的傲慢であり、コリント教会を舞台にするその「霊的傲慢」こそ、パウロが猛烈に戦を挑んだ相手だったのです。しかしパウロは、そんな傲慢を捨て去り、……











         
更新ハイライト―