福音と宗教

47


V 民族宗教

5、チベット仏教

 早くにインドから消滅した仏教は、翻訳経典とともに、広くアジアの諸地域に広まりました。いくつかの系統がありますが、以下、その概略を記しておきましょう。

1、南方仏教(パーリ語仏教)
 紀元前3世紀以来、スリランカ、ビルマ、タイ、カンボジア、ラオスなど東南アジア諸地域に広まりました。国ごとに書写する文字は違いますが、パーリ語(スリランカ)で書かれた経典が、共通して用いられています。インドの保守的仏教である、上座部仏教の伝統を引き継ぎました。

2、中国系仏教(漢訳仏教)
 紀元1世紀以降、中国を中心とし、朝鮮半島、日本、ベトナムなどに広まった仏教です。

3、ネパールの仏教(サンスクリット語仏教)
 サンスクリット語の経典は、消滅したインド仏教の正統を引き継いでいるのですが、ネパールは後期大乗仏教、東ベンガル、カシュミールなどは上座部仏教のようです。

4、チベット系仏教(チベット語・蒙古語仏教)
 チベット仏教は、中国仏教に次いで重要と思われますので、今回取り上げます。
 チベットへの仏教伝来は7世紀前半で、以来、インドに隣接していることもあり、多くの人たちがインドに赴き、ブッダが説いたインド仏教を直に学びました。チベット仏教の最高権威として知られる経典「チベット大蔵経」も、サンスクリット語原典から忠実に直訳されたと言われます。ところがその反面、生き仏と言われるダライラマという中心人物がいたり、数千と言われるさまざまな神々を有していたりと、本来の仏教とは違う面も合わせ持っているようです。その神々の一部です。厳しい修行によって悟りを開いた仏陀、同じく悟りを得た阿弥陀、薬師、大日などといった如来、そして、まだ修行中?の菩薩も人々を救済してくれる慈悲深い神として崇められ、中でも、チベットを祝福する本尊的な神として、観世音菩薩が最も厚く信仰されているそうです。土着の原始宗教である、ボン教やヒンズー教の神々などが、これに加わっているのは言うまでもありません。日本で、独立した宗教であるかのように「ラマ教」と呼ばれるのも、そんな背景を持っているためと思われます。

 チベット仏教には、他地域の仏教とは異なる著しい特徴がありますが、それを紹介しましょう。
 まず、独特な密教(神秘主義仏教)が形成されたことです。その一端ですが、臨終を迎えた人の枕元で、ラマ僧が「死者の書」を読み上げます。「バルド・トェドル(中有における聴聞による大解脱)」という経典ですが、中有とは死から再生への途中経過のことであり、輪廻転生の中間を指しています。死者の書は、その中間にある死者の魂に、彼が辿る死後の世界の道筋を教え、この朗読は、まだ死者としての自覚がない死者に聞かせるためのものです。これは49日間続けられます。それは死者が光に出会い、生前よりも高い生へと転生していくためですが、もし彼が光に出会わなければ、畜生(犬猫などの動物)へと転生するのです。亡くなるとすぐに、死体は、夜明け前に死体運搬人に引き渡され、誰にも付き添われずに岩窟まで運ばれて、そこで細かく切断され、禿鷹に投げ与えられます。有名な「鳥葬」です。骨も痕跡を残さないように砕いてしまう。死者が自分の肉体への未練を断ち切るように、魂の抜け殻となった肉体を消滅させてしまうのです。輪廻転生という、密教的世界観(仏教哲学)を信じるチベットでは、死を日常の事として受け入れているのでしょう。

 もう一つ、仏教最高指導者で国家元首の、「ダライ・ラマ」に触れておきましょう。彼は人々を救済するために、涅槃に入るを求めず、輪廻世界に生まれ変わる観音菩薩の化身とされています。

 1965年、中国は「チベット自治区地方政府」を設立し、チベットを自国に併合しましたが、それに先立つ1959年に、中国軍のチベット弾圧に対し、民衆が一斉蜂起したのです。今のダライ・ラマ14世(1940年即位)は、その流血を避けるためにインドへ亡命し、亡命政権を樹立しました。その後、中国では、毛沢東思想を信奉する学生たちが紅衛兵と呼ばれる団体を結成し、社会主義国家建設を目指した、「文化大革命」(1966年)が起こります。その波はチベットにも押し寄せ、仏教寺院は破壊され、仏像仏具などが壊され持ち去られました。チベット的なものは、全て禁止されたのです。民衆の抵抗運動がたびたび繰り返されますが、中国は武力をもってこれを厳しく取り締まり、非人道的な拷問、処刑をもって弾圧しました。1949年から現在にいたるまでに、120万人のチベット人が飢餓や迫害で亡くなっているそうです。総人口600万人の5分の1もの人たちが……とは、驚くべき数字ではありませんか。現在、寺院も幾分かは回復しましたが、その傷跡はまだまだ癒えていません。

 ダライ・ラマ14世は、何回も中国政府に対し、平和的解決に向けた話し合いを呼びかけましたが、中国政府は耳をかそうとはしません。彼は精力的に世界各国を訪れ、チベットへの支援を求めるとともに、世界平和を祈念する法要を行なっています。チベットに対する国際社会の支援も広まりつつあります。こうしたダライラマの非暴力によるチベット独立運動に対し、1989年にノーベル平和賞が贈られました。「現代の世界は互いに依存し合う共同体。地球全体がファミリーとなり、今や戦争は時代遅れだ」と語るダライ・ラマ14世の姿勢には、共感を覚える人たちも多いのではないでしょうか。


Back Index Next