ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

79
結審、十字架刑に


<ヨハネ 19:1-16>
1そこで、ピラトはイエスを捕らえて、むち打ちにした。2また、兵士たちは、いばらで冠を編んで、イエスの頭にかぶらせ、紫色の着物を着せた。3彼らは、イエスに近寄っては、「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」と言い、またイエスの顔を平手で打った。4ピラトは、もう一度外に出て来て、彼らに言った。「よく聞きなさい。あなたがたのところにあの人を連れ出して来ます。あの人に何の罪も見られないということを、あなたがたに知らせるためです。」5それでイエスは、いばらの冠と紫色の着物を着けて、出て来られた。するとピラトは彼らに、「さあ、この人です。」と言った。6祭司長たちや役人たちはイエスを見ると、激しく叫んで、「十字架につけろ。十字架につけろ。」と言った。ピラトは彼らに言った。「あなたがたがこの人を引き取り、十字架につけなさい。私はこの人には罪を認めません。」7ユダヤ人たちは彼に答えた。「私たちには律法があります。この人は自分を神の子としたのですから、律法によれば、死に当たります。」8ピラトはこのことばを聞くと、ますます恐れた。9そして、また官邸にはいって、イエスに言った。「あなたはどこの人ですか。」しかし、イエスは彼に何の答えもされなかった。10そこでピラトはイエスに言った。「あなたは私に話さないのですか。私にはあなたを釈放する権威があり、また十字架につける権威があることを、知らないのですか。」11イエスは答えられた。「もしそれが上から与えられているのでなかったら、あなたにはわたしに対して何の権威もありません。ですから、わたしをあなたに渡した者に、もっと大きい罪があるのです。」12こういうわけで、ピラトはイエスを釈放しようと努力した。しかし、ユダヤ人たちは激しく叫んで言った。「もし、この人を釈放するなら、あなたはカイザルの味方ではありません。自分を王だとする者はすべて、カイザルにそむくのです。」13そこでピラトは、これらのことばを聞いたとき、イエスを外に引き出し、敷石(ヘブル語でガバダ)と呼ばれる場所で、裁判の席に着いた。14その日は過越の備えの日で、時は六時ごろであった。ピラトはユダヤ人たちに言った。「さあ、あなたがたの王です。」15彼らは激しく叫んだ。「除け。除け。十字架につけろ。」ピラトは彼らに言った。「あなたがたの王を私が十字架につけるのですか。」祭司長たちは答えた。「カイザルのほかには、私たちに王はありません。」16そこでピラトは、そのとき、イエスを十字架につけるため彼らに引き渡した。

<イザヤ 53:4-9>
4まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。5しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。6私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。7彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれて行く小羊のように、彼は口を開かない。8しいたげと、さばきによって、彼は取り去られた。彼の時代の者で、だれが思ったことだろう。彼がわたしの民のそむきの罪のために打たれ、生ける者の地から絶たれたことを。9彼の墓は悪者どもとともに設けられ、彼は富む者とともに葬られた。彼は暴虐を行なわず、その口に欺きはなかったが。


1、見よ。この人を

 19章に入りますが、12節までは、19:13から始まるローマ法廷の前段階とでも言うべきピラトの動きが続きます。
 18章から、ヨハネは、目撃したイエスさまの出来事をできるだけそのままに、書き進めています。恐らく、そうすることで、イエスさまの十字架がどういう経過を辿ったかを、紀元一世紀のローマ・ギリシャ世界に建てられた教会の人たちと後世の人たちに知らせたいと願ったのでしょう。

 「そこで、ピラトはイエスを捕らえて、むち打ちにした」(1)と、ヨハネはイエスさま処遇に集中します。十字架刑の場合、「むち打ち」は普通、刑執行前に行われますが、この時点ではまだ十字架刑は確定していません。恐らく、祭りの特赦で釈放したいとの提案(18:39)を拒否されたピラトが新たな提案をということなのでしょう。二つある。その一つは、むち打ちの刑を課すから、それで釈放してはどうかということ。そして、もう一つは、思いっきり侮辱せよと、イエスさまの身柄を兵士たちの手に委ねたことです。ユダヤ人は、何かというとすぐに反抗心をむき出しにして暴動に走る。彼ら兵士たちは、そんな面倒なユダヤに派遣されたほどの優秀なコホルテム(歩兵隊)でしたが、そこは最前線の兵士ですから遊び心もありますし、残虐性もある。血を見ることなど日常茶飯事なのです。「兵士たちは、いばらで冠を編んで、イエスの頭にかぶらせ、紫色の着物を着せた。彼らは、イエスに近寄っては、『ユダヤ人の王さま。ばんざい。』と言い、またイエスの顔を平手で打った。」(2-3)その光景は、門外で騒いでいるユダヤ人たちの目に焼き付いたことでしょう。そんな「おみやげ」を用意して、ピラトは祭司長たちの前に出て来ました。

 「よく聞きなさい。あなたがたのところにあの人を連れ出して来ます。あの人に何の罪も見られないということを、あなたがたに知らせるためです。」(4)茨の冠と紫の衣を着けたイエスさまが出て来ました。茨の冠と紫の衣はユダヤの王に見立てたものです。王冠の茨から突き出た長いトゲは頭に突き刺さって、血を流すイエスさまのお姿を浮き上がらせていますし、紫の衣は王だけが着用するトーガ(寛衣)ですが、兵士たちが都合良く調達できるわけもなく、ローマ兵士が戦闘時に着用する、赤色に近いマントなのでしょう。それは、イエスさまを道化者に仕立てている。ピラトは言います。「さあ。この人です」(5)と。ラテン語で「エッケ・ホモ」、邦訳は伝統的に「この人を見よ」と訳して来ました。深い意味はありませんが、この短いことばは、歴史上、人々にイエスさまを指す示す非常にインパクトのあるものとなりました。今、総督官邸だったという建物に隣接するように、「エッケ・ホモ教会」という建物がひっそりと建っています。

 しかし、無罪と見極めて釈放したいと、ユダヤ人たちへの「おみやげ」まで用意したピラトの思惑は裏目に出ました。イエスさまを見たユダヤ人たちが、激しく怒り狂ったであろうことは想像に難くありません。王冠がたとえ頭に突き刺さって血を流す茨で、纏わせた王衣がおどけていようとも、総督はこの男が王であることを見せつけているのだ。それは我々にとって最大の侮辱ではないか。断じて彼の思い通りにしてはならない。この男を釈放させてはならない。

 彼らは「十字架につけろ。十字架につけろ」(6)と叫び始めました。
 実は、この情景をヨハネは、ピラトの裁判とは切り離し、前段階のものとしている。共観福音書はいづれも裁判の中に繰り入れているのですが。裁判開始の時間がマルコの記した朝の九時から正午近くまで大幅にずれている理由なのでしょう。


2、あなたはどこから来たのか

 しかし、ピラトには彼らの怒りが理解できません。もともと、ピラトにはそういう無神経なところがあったようです。ローマ総督たるおれがこんなにも譲歩しているのに、この連中はなぜ言うことを聞かないのか。彼はふて腐れて言います。「あなたがたがこの人を引き取り、十字架につけなさい。私はこの人に罪を認めない」(6)と。しかし、もう理性を失っていたのでしょうか。祭司長たちはどんなことを言われようとも聞く耳を持ちません。イエスさまの処刑を主張します。「祭司長たち」というのは、大祭司経験者や大祭司予備軍からなるユダヤ最高の貴族集団です。成り上がり者のローマなどにこの誇りを奪われてなるものか。この面目にかけても引き下がることなど出来るものか。当時の世界基準の一つに「古いものほど価値が高い」という価値観がありました。そんな価値観を念頭に言ったことばなのでしょうか。「私たちには律法があります。この人は自分を神の子としたのですから、律法によれば、死に当たります」(7)と食い下がります。ピラトが、「この男の何を告発するのか」(18:29)と尋ねた時、彼らは、「おれたちが有罪と決めたのだ、つべこべ言わずに処刑せよ」と嘯きましたが、ピラトがいつまでも煮え切らないために、彼らは最後の切り札「律法」を持ち出して来たのです。律法の古さは1700年以上も前に遡ります。ローマ総督といえども、律法がわれわれにとってどんなに重いものかを知っていよう。

 しかし、ピラトの心に響いたのは、律法云々ではなく、イエスさまがご自分を「神の子」としたことでした。それはまさにキリストのことではないか。あの男が自分を「王である」としたことは本当だったのだ。彼はこのことばを聞くと、ますます恐れました。そして、また官邸にはいって、イエスさまにこう問いかけます。「あなたはどこの人ですか。」(8-9) ローマの宗教は、ギリシャの神々を模倣していると言われ、神々の名はローマ風になっていますが、明らかにギリシャの神々を引き継いだものです。しかし、そんなローマの神々に対する信仰心の出所はと言いますと、もともとヌメンなどという精霊信仰があって、そんな得体の知れないものに対する原始宗教のアミニズム的恐怖心が主流となっていたことにあるのです。迷信依存も、あるいは神的存在に畏怖を抱くのも、ローマ人気質の一部になっていたのでしょう。先の問答(18:36以下)で、イエスさまが「わたしの国はこの世のものではない」と言われ、ピラトの目を「真理」つまり神さまに向けさせようとされましたが、ピラトは「真理とは何か」とイエスさまの思いを拒否しました。それが、「イエスさまが神の子であると言った」と聞きますと、途端に、知らない混沌の世界に引き込まれてしまうような恐怖を覚えたからなのでしょう。「あなたはどこの人ですか」と腫れ物に触るように恐る恐る尋ねます。これは、どこから来たのかという意味であって、ローマ・ギリシャ世界で福音を語るヨハネの、根本的な問いかけでした。「あなたがたはどう思うか。イエスさまは神さまから出たのか。それとも人から出たのか」と。ある意味、ピラトはヨハネの問いの前に立たされていたと言えましょう。彼は、実に迷信に囚われたローマ人らしく、イエスさまのイメージが、神聖にして冒すべからざる者、恐ろしき存在のように膨らんでいたのでしょうか。しかし、イエスさまは一言もお答えにはなりません。


3、結審、十字架刑に

 だからなのでしょう。ピラトはそんな自分の中の密かな思いに反発するように言います。「あなたは私に話さないのですか。私にはあなたを釈放する権威があり、また十字架につける権威があることを、知らないのですか。」(10)自分の中に芽生えた恐怖を振り払うには、ローマの総督であるという現実に頼るよりほかない惨めさを、彼は噛み締めたのではないでしょうか。そんなピラトの心の内を見透かしたように、イエスさまは言われます。「もしそれが上から与えられているのでなかったら、あなたにはわたしに対して何の権威もありません。ですから、わたしをあなたに渡した者に、もっと大きい罪があるのです。」(11) ピラトが振りかざしたローマの権威など、ふんぞり返るだけの可愛らしいものでした。それよりも、ヨハネには、総督ピラトの権威を悪用したユダヤ人の罪が、知っていて神さまをないがしろにした分、大きいと映ったのでしょう。確かに、イエスさまを十字架につけたのは、ユダヤ人だったのです。ピラトも総督まで務めたローマの高官です。そんなに愚かではない。ユダヤ人たちが自分の権威を悪用しようとしていることを感じていましたから、イエスさまのことばをそうだと思い、そのように聞きましたから、イエスさまを何とか釈放しようと思ったのでしょう。ヨハネは、「こういうわけで、ピラトはイエスを釈放しようと努力した」(12)と記します。

 ところが、そんな総督を見て、祭司長たちはさらに激しく叫びます。「もし、この男を釈放するなら、お前はカイザルの味方ではない。自分を王だとする者はすべて、カイザルにそむくのだ」(12)と。本当に彼らの言う通りなのでしょうか。当時、属州王とローマ皇帝とは競合するものではありませんでした。なぜなら、皇帝が属州王の任命権を持っていたからです。属州が王を立てたとしても、皇帝は追認すればいいだけで、そんなケースは多々ありました。もっとも、ローマの意に反して王を立てたケースもありましたから、そんな場合、ローマが圧力をかけて属州が折れるというケースも珍しくはなかったようです。しかし、今起こったケースは、形だけとはいえ、属州人である祭司長たちの申し出がローマ寄りで、総督の希望が必ずしもローマの意向に添うものとは言えないのです。祭司長たちはそんなピラトの弱みに乗じたのでしょう。頑固なピラトもついに折れます。彼が危惧したのは、彼らが皇帝に訴訟を起こすことでした。これまでにもユダヤ人たちは何回も皇帝に直訴し、総督を追い落として来たからです。ついにピラトは、敷石(ヘブル語でガバダ)と呼ばれる場所で、イエスさま裁判の席に着きました(13)。その時のことをヨハネはこう記します。「その日は過越の備えの日で、時は六時ごろであった。ピラトはユダヤ人たちに言った。『さあ、あなたがたの王です。』彼らは激しく叫んだ。『除け。除け。十字架につけろ。』ピラトは彼らに言った。『あなたがたの王を私が十字架につけるのですか。』祭司長たちは答えた。『カイザルのほかには、私たちに王はありません。』そこでピラトは、そのとき、イエスを十字架につけるため彼らに引き渡した。」(14-16)

 これのどこが、正義のゆえに世界に名だたるローマの裁判かと、目を疑いたくなるような記事ですが、詳しく書こうにも中身が乏しい。そんなヨハネのやりきれない思いがぎっしり詰まった、不当な裁判で十字架刑が決定しました。人の罪が凝縮したような十字架刑が。しかし、そこには、私たちの罪も、そして、主の愛と赦しも溢れるほどに込められているのではないでしょうか。苦難のしもべと呼ばれるイザヤ書53章にはこうあります。「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった」(53:4)と。その愛に思いを馳せたいではありませんか。



Home