ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

78
十字架の死を賭して


<ヨハネ 18:28-40>
28さて、彼らはイエスを、カヤパのところから総督官邸に連れて行った。時は明け方であった。彼らは、過越の食事が食べられなくなることのないように、汚れを受けまいとして、官邸にははいらなかった。29そこでピラトは彼らのところに出て来て言った。「あなたがたは、この人に対して何を告発するのですか。」30彼らはピラトに答えた。「もしこの人が悪いことをしていなかったら、私たちはこの人をあなたに引き渡しはしなかったでしょう。」31そこでピラトは彼らに言った。「あなたがたがこの人を引き取り、自分たちの律法に従ってさばきなさい。」ユダヤ人たちは彼に言った。「私たちには、だれを死刑にすることも許されてはいません。」32これは、ご自分がどのような死に方をされるのかを示して話されたイエスのことばが成就するためであった。33そこで、ピラトはもう一度官邸にはいって、イエスを呼んで言った。「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」34イエスは答えられた。「あなたは、自分でそのことを言っているのですか。それともほかの人が、あなたにわたしのことを話したのですか。」35ピラトは答えた。「私はユダヤ人ではないでしょう。あなたの同国人と祭司長たちが、あなたを私に引き渡したのです。あなたは何をしたのですか。」36イエスは答えられた。「わたしの国はこの世のものではありません。もしこの世のものであったなら、わたしのしもべたちが、わたしをユダヤ人に渡さないように、戦ったことでしょう。しかし、事実、わたしの国はこの世のものではありません。」37そこでピラトはイエスに言った。「それでは、あなたは王なのですか。」イエスは答えられた。「わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。」38ピラトはイエスに言った。「真理とは何ですか。」彼はこう言ってから、またユダヤ人たちのところに出て行って、彼らに言った。「私は、あの人に罪を認めません。39しかし、過越の祭りに、私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」40すると彼らは大声をあげて、「この人ではない。バラバだ」と言った。このバラバは強盗であった。

<イザヤ 53:4-6>
4まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。5しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。6私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。


1、ピラトの法廷へ

 「さて、彼らはイエスを、カヤパのところから総督官邸に連れて行った。」(28)
イエスさまの裁判は、アンナスの審問も含めて、大祭司カヤパを議長とするサンヒドリン議会での法廷、ローマ総督ピラトのもとにおける裁判と、ヘロデ・アンティパスの興味本位で行われた尋問も加えますと、四回ありますが、ヨハネは、元大祭司アンナスの審問を少しだけ記した後、ユダヤ人による審議はすべて無視して、ローマの法廷を取り上げ、その様子を克明に記録しています。ユダヤ人の裁判には見るべきものが何もないと思ったのでしょう。イエスさまがピラトのところに連行されて来たのが「明け方」(28)、19:14を見ますと、裁判が始まったのが昼近くになってのようですから、明け方から六時間近くもの、裁判の前段階のようなイエスさまとピラトのやりとりがあります。もっとも、マルコ15:25では朝の9時ころに裁判が始まったとしているのですが。これは起点の違いなのでしょう。今朝のテキストは18:28-40のところです。

 初めに、イエスさまを総督官邸に連行した祭司長たちとピラトのやりとりがあります。
 「彼らは、過越の食事が食べられなくなることのないように、汚れを受けまいとして、官邸にははいらなかった。そこでピラトは彼らのところに出て来て言った。『あなたがたは、この人に対して何を告発するのですか。』彼らはピラトに答えた。『もしこの人が悪いことをしていなかったら、私たちはこの人をあなたに引き渡しはしなかったでしょう。』そこでピラトは彼らに言った。『あなたがたがこの人を引き取り、自分たちの律法に従ってさばきなさい。』ユダヤ人たちは彼に言った。『私たちには、だれを死刑にすることも許されてはいません。』」(28-31)

 「過越の食事……」とありますが、前日のイエスさまと弟子たちの「最後の晩餐」(13:1以下)を過越の食事としていたことを考えますと、矛盾であろうと言われますが、過越の食事と言っても、必ずしもそれは、ユダヤ人が最も大切にしていたニサンの月(ユダヤ人の第一年)の14日夕刻に行われる「過越の食事」とは限りません。過越の祭りは、ユダヤ最大の祭りでありながらとても短く、ニサンの月10日に持たれる準備の日を入れても、神殿で屠られた羊の肉を食べる過越の食事(同月14日の夕刻)までの、わずか五日間だけです。が、それを補うかのように、その後に同月15日から21日までの7日間の、もともと別の祭りであった「種入れぬパンの祭り」が続き、さらに同月16日は収穫感謝祭である「初穂の祭り」も行われ、それらを一括して過越の祭りとしていますので、その全日程を守りきるためにも、汚れを受けまいとしたことを指していると思われます。ユダヤ人は、異邦人との接触を「汚れ」と捉えていたからです。この期間中に持たれる食事を「過越の食事」と呼ぶこともあったのでしょう。彼らは「何を告発するのか」というピラトの問いに、ずる賢く答えようとはしません。すでにサンヒドリンの法廷で死刑の判決が出ていたからです。「つべこべ言わずにおれたちの判決通りに早く処刑しろ」と、そんな彼らの思惑が透けて見えるようです。しかし、そのために、支配者たるローマ総督ともあろうピラトが、イエスさまが立っていた官邸奥庭とユダヤ人が喚いている門のところとを何回も往復することとなりました。総督ピラトとしては、すぐに暴動を起こすユダヤ人たちとは争いたくなかったのでしょう。


2、真理のあかしをするために

 ピラトは奥に引っ込んで、イエスさまに言いました。以下はイエスさまとピラトの会話です。
 「あなたは、ユダヤ人の王ですか。」「あなたは、自分でそのことを言っているのですか。それともほかの人が、あなたにわたしのことを話したのですか。」「私はユダヤ人ではないでしょう。あなたの同国人と祭司長たちが、あなたを私に引き渡したのです。あなたは何をしたのですか。」(33-35)
 「ユダヤ人の王」というのは、ナタナエルが「あなたは神の子です。イスラエルの王です」(1:49)とイエスさまに告白した信仰の表明ですが、ここではそんな崇高なものではなくて、「あのメシア運動の首謀者なのか」というものです。当時、メシアを自称する者や御輿に担ぎ上げられる者が多く出ていたことが背景にあって、イエスさまをそのような反逆者に仕立てようとする祭司長たちの陰謀が総督の耳に入っていたからなのでしょう。「メシア」とは油注がれた者を指しますが、それは古来イスラエルでは王と大祭司と預言者を指していました。そのうちダビデ直系の王はずっと以前に途絶えて、その末裔と目される神的人物、すなわちメシアが現われると期待されていたのです。メシアは異邦人に支配されているイスラエルをその支配から救い出してくださるお方でした。しかし、彼は民衆にとって救い主かも知れませんが、ローマやユダヤの支配者にとっては、反逆者でしかありません。そのような反逆者は、これまでにもたびたびユダヤ国内を騒がしていました。ピラトにすれば、「またか」という思いもあって、早いことこの問題を片付けてしまおうと、「お前はユダヤ人の王か」と単刀直入に尋ねたわけです。罪状を明らかにするのは、皇帝への報告義務があるためです。ローマ法は現代にも通じる厳正なもので、その誇りあるローマ法を貶める為政者は更迭、あるいは処罰を免れません。ピラトは乱暴な為政者として知られていましたが、それでも自分の責任を心得ており、被疑者イエスさまに向き合おうとしていたと言えましょう。「お前はメシア運動の首謀者ということでいいのだな」と、それがこの問いかけのニュアンスなのです。

 いくつかの短いやりとりが続きますが、このやりとりは、どうもイエスさまが主導権を握ったようです。ピラトの「お前は何をしたのか」という質問に、イエスさまのお答えはいよいよ本題に入って来ます。「イエスは答えられた。『わたしの国はこの世のものではありません。もしこの世のものであったなら、わたしのしもべたちが、わたしをユダヤ人に渡さないように、戦ったことでしょう。しかし、事実、わたしの国はこの世のものではありません。』そこでピラトはイエスに言った。『それでは、あなたは王なのですか。』イエスは答えられた。『わたしが王であることは、あなたが言うとおりです。わたしは、真理のあかしをするために生まれ、このことのために世に来たのです。真理に属する者はみな、わたしの声に聞き従います。』ピラトはイエスに言った。『真理とは何ですか。』」(36-38a)
「わたしの国はこの世のものではない」と二回も繰り返されるイエスさまのお答えこそ、本題そのものでした。ですから、この議論は「真理」というところにまで到達して行きます。イエスさまはローマ人のピラトにも分かる言い方で「真理」と言いました。が、もちろん、それは神さまのことで、人を救いに導くイエスさまの十字架を中心とする神さまの福音を指しているのです。それはピラトを招くものであったに違いありません。イエスさまの本領は、ご自身の御国からどんなに遠く離れている者であっても、御国に入り得るのだと、期待を込めてお招きになる。ローマ総督といえども例外ではありません。イエスさまは失われた者を探し出して救うために来られたのですから。


3、十字架の死を賭して

 ヨハネが「イエスさまの国はこの世のものではない」と言ったことには、もう一つの意図がありました。それは、紀元一世紀末、厳しい迫害と殉教にさらされようとしていた教会を視野に、そんなキリスト教徒迫害を国是としたローマへの牽制です。イエスさまの福音は、政治的なものではなく、武力や何らかの強制力を用いて実現するものではありませんので、ローマの国法と帝国内の秩序にとっては、決して抵触するものではなく、少しの危険もないのだと、ヨハネは、護教的な配慮をここに込めているのです。そんなイエスさまの配慮は総督にも届いたのでしょう。ですから、「お前は王か」と二回目の問いかけで、イエスさまが「わたしが王であることは、あなたが言うとおりである」とお答えになったことに、ピラトは、敏感に反応したり、イエスさまを反逆者であると確定するような動きをしていません。彼には、祭司長たちがイエスさまを殺そうとしているのが、彼らの妬みであると分かっていたのでしょう。「私は、あの人には罪を認めない」(38)と言ったのは、イエスさまが「この世のものではなく、神的人物=メシア」であることを受け入れたからなのかも知れません。ピラトにとって、政治的反逆者ならば規制の対象になりますが、神的メシア(それはローマ社会にとって宗教的シャーマンでしかないのですが)であって、それが人々に平安を与えるのであれば、取り締まりの対象などではない。むしろ、とげとげしい社会に必要な者であろうというのがローマの考え方でした。しかし、あくまでも民衆の激しやすい面を沈静化するメシアであることが前提となります。ピラトはどこまでも現実の世界に生きる者だったのです。

 ピラトは、「真理に属する者は、わたしの声に聞き従う」と聞き、この王が自分を真理の陣営に引き込もうとしていると感じたのでしょう。現実の権力闘争の世界に生きているピラトにとって、真理などという哲学めいたことには全く興味はありません。「真理とは何か」と、いかにもピラトらしい侮蔑的なことばを吐いて、イエスさまの審問を終了してしまいます。そして、再び祭司長たちが待つ門のところに出て来て言いました。「私は、あの人に罪を認めません。しかし、過越の祭りに、私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」(38b-39)
 ピラトは、イエスさまの無罪を確信しながらも、ユダヤ人たちの殺気だった様子を見ますと、「あの人を釈放する」と宣言することが出来ません。ついに妥協してしまいます。門の外にいたユダヤ人たちは、総督の申し出を拒否し、強盗罪で死刑が決まっていたバラバの釈放を求めました。バラバが逮捕されていたことを彼らは知っていました。バラバの名は、全福音書中、同じ並行記事にほんの数回出て来るだけなのですが、民衆の間ではかなり有名な人物だったのでしょう。マタイは「バラバという名の知れた囚人が捕らえられていた」(27:16)、マルコは「たまたま、バラバという者がいて、暴動のとき人殺しをした暴徒たちといっしょに牢にはいっていた」(15:7)と記しています。そしてルカが、ユダヤ人民衆の「この人を除け。バラバを釈放しろ」と何回も叫ぶさまを描いている(23:18)のですが、ヨハネは淡々と、彼らが「この人ではない。バラバだ」と言ったとしている(40)。そのバラバが釈放され、正式には19:13節以下のローマ法廷を待たなければなりませんが、ある意味、この時点でイエスさまには十字架刑が確定するのです。バラバを登場させることで、ヨハネは、イエスさまのいのちをその手に握っていると思い上がっていたピラトが端役でしかなく、「どのような死に方をされるのかを話されたイエスのことばが成就するため」(32、12:33参照)と言われたように、その死はイエスさまご自身の決定なのだと、そのことを浮かび上がらせました。バラバは、「強盗」と言われますが、ユダヤ独立を党是とする「熱心党」が資金集めに手段を選ばず、強盗さえも愛国的であるとしていたために、そんな熱心党の勇者とされたようです。彼がユダヤ人に支持されたのは、ローマの権力と戦ってくれる者と映ったからなのでしょう。バラバは生き延びました。しかし、イエスさまはご自分の死を賭して、十字架の死を賭して私たちのいのちを永遠へと移してくださったのです。このことを私たち、断じて忘れてはならないでしょう。



Home