ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

72
世に勝ったのです


<ヨハネ 16:25-33>
25「これらのことを、わたしはあなたがたにたとえで話しました。もはやたとえでは話さないで、父についてははっきりと告げる時が来ます。26その日には、あなたがたはわたしの名によって求めるのです。わたしはあなたがたに代わって父に願ってあげようとは言いません。27それはあなたがたがわたしを愛し、また、わたしを神から出て来た者と信じたので、父ご自身があなたがたを愛しておられるからです。28わたしは父から出て、世に来ました。もう一度、わたしは世を去って父のみもとに行きます。」29弟子たちは言った。「ああ、あなたははっきりとお話しになって、何一つたとえ話はなさいません。30いま私たちは、あなたがいっさいのことをご存じで、だれもあなたにお尋ねする必要がないことがわかりました。これで、私たちはあなたが神から来られたことを信じます。」31イエスは彼らに答えられた。「あなたがたは今、信じているのですか。32見なさい。あなたがたが散らされて、それぞれの家に帰り、わたしをひとり残す時が来ます。いや、すでに来ています。しかし、わたしはひとりではありません。父がわたしといっしょにおられるからです。33わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」

<エレミヤ 1:17-19>
17「さあ、あなたは腰に帯を締め、立ち上がって、わたしがあなたに命じることをみな語れ。彼らの顔におびえるな。さもないと、わたしはあなたを彼らの面前で打ち砕く。18見よ。わたしはきょう、あなたを、全国に、ユダの王たち、首長たち、祭司たち、この国の人々に対して、城壁のある町、鉄の柱、青銅の城壁とした。19だから、彼らがあなたと戦っても、あなたには勝てない。わたしがあなたとともにいて、―主の御告げ。― あなたを救い出すからだ。」


1、神さまのことは神さまの次元で

 「これらのことを、わたしはあなたがたにたとえで話しました。もはやたとえでは話さないで、父についてははっきりと告げる時が来ます」(25)と、このフレーズはイエスさまの、ある意味、宣言で始まります。「たとえで」というところは、大部分の翻訳が「たとえ」なのですが、「謎めいたかたちで」と訳した岩波訳が適訳であろうと思われます。それは、ヨハネ自身をも含めて弟子たちが、イエスさまの語る神さまの秘儀、それは恐らく救いのご計画なのでしょうが、そのことを理解出来なかった自分たちの無知を指しており、イエスさまにあんなにも教えて頂いたのに……と、その無知を恥じている。しかし、やがて、その日には(26)「謎めいたかたち」ではなく、「はっきりと告げる時が来る」のだと、「啓示」の形態が変わって来ることを暗示しているようです。それから六十数年、ヨハネは、その高みまで導いてくださったのは、懐かしい主と神さまのあわれみであったと悟ったのではないでしょうか。それは、彼が信仰を思考の領域としたからでした。神さまについての理解は、どんなに優れた能力があっても、「世」の認識や哲学などの次元で理解出来るものではなく、神さまのことは神さまの次元でしか語り得ることは出来ないのだと、ヨハネの信仰=立ち位置が浮かび上がって来ます。ヨハネは、神さまが見せてくださった幻を黙示録に書き上げて、そのことを理解したのでしょう。ですから、パラクレートスの降臨と信仰者への内在という現在化に、今、時が移って来たことを念頭に置くことが出来たのではないでしょうか。

 「その日には、あなたがたはわたしの名によって求めるのです。わたしはあなたがたに代わって父に願ってあげようとは言いません。それはあなたがたがわたしを愛し、また、わたしを神から出て来た者と信じたので、父ご自身があなたがたを愛しておられるからです。わたしは父から出て、世に来ました。もう一度、わたしは世を去って父のみもとに行きます。」(26-28)

 「その日には」と、これは終末的な言い方なのですが、ヨハネは、イエスさまが去った後、パラクレートスが降臨して来た時(使徒2章)のことを指しているようです。もしかしたら、パラクレートス降臨以後の世界を、ヨハネは、新しい終末の時代と位置づけているのかも知れません。それは、もちろん現代の私たちの時代をも包括している。ある神学者たちは、「教会の時代」と呼んでいるのですが。パラクレートスは、天に帰られたイエスさまが御父といっしょに私たちのところへお遣わしになったお方であって、「わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。わたしは、あなたがたのところに戻って来るのです」(14:18)とあるように、イエスさま(と御父)の私たちへの愛が具現化したお方と聞くことが出来るのではないでしょうか。「あなたがたがわたしを愛し、また、わたしを神から出て来た者と信じたので、父ご自身があなたがたを愛しておられる」と、「世に属する者」の誰がこのことばを聞き、「アーメン」と納得できるでしょうか。内在のパラクレートスとともにイエスさまをわが主と信じた者だけが告白し得ることなのです。まさに、パラクレートスは神さまご自身として父なる神さまと救い主イエスさまのことを、そして、その神さまの救いの全貌を私たちに教えてくださるのだと聞くことが出来るのではありませんか。「イエスさまの名によって求める」と、それは祈りを指しているのでしょう。祈りを聞いてくださるお方はパラクレートスであると、先週、聞いたばかりでした。


2、心の耳を澄まして

 弟子たちはイエスさまのお話しをさえぎって言いました。「ああ、あなたははっきりとお話しになって、何一つたとえ話はなさいません。」(29) この「たとえ話」も岩波訳は25節と同じく「謎めいたこと」と訳していますが、イエスさまのお話しは以前と少しも変わってはいないのに、弟子たちは突然と、その謎めいたことが「分かった」と言っているのです。彼らの思い込みなのでしょうか。そうではないようです。ヨハネは、自分もそこにいた者として、彼らのことばを、「いま私たちは、あなたがいっさいのことをご存じで、だれもあなたにお尋ねする必要がないことがわかりました。これで、私たちはあなたが神から来られたことを信じます」(30)と続けますが、これは、恐らくヨハネの創作と編集であって、パラクレートスの降臨を受け止めた使徒行伝二章を念頭に、迫害と殉教という終末的状況に直面していた紀元一世紀末の世界の教会に語りかけているのでしょう。だからと言って、紀元一世紀末のキリスト者たちがイエスさまのことばを正確に受け止めていたとは言い難いのですが、少なくとも、イエスさまを信じる信仰とは、そう聞くことなのだと、信仰告白のその高みへの到達を願っているようです。かつて弟子団がパラクレートスに助けられながら危険一杯の時代を福音の証人として歩んで来たように、異邦人教会の人たちも、また、パラクレートスの保護下で、彼らが置かれた時代時代に、証人として立てられているのですから。そのことは現代の私たちにも当て嵌まるのではないでしょうか。

 「イエスさまがいっさいのことをご存じである」というのは、神さまの全知を示す能力のことを言っている。イエスさまは、神さまから遣わされて世に来られた先在のロゴス、「地上を歩む神さま=人の子」であると、この福音書をそのように書き進んで来たヨハネ自身の信仰を言っているのでしょう。聖徒たちにはそこに到達してほしいのだと、ヨハネは、神さまご自身であるパラクレートスが、彼らを、そして現代の私たちをも、その高みへと引き上げてくださるであろうと期待しているのでしょうか。パラクレートスのお働きはイエスさまの現代化であると何回も繰り返して来ました。それがヨハネの、イエスさまの啓示を引き継いだ者としての信仰なのです。キリスト教の歴史の中で、何回も何回も躓きながらでしたが、原則、その流れは引き継がれて来ました。が、現代、その信仰がどこかおかしくなっている。何も近代の自由主義神学だけではありません。その流れを引き継いだはずの福音主義と呼ばれる人たちの中においてもなのです。しかし、心の耳を澄まして、声なき声をもって語りかけてくださるパラクレートスの声をお聞きください。十字架に私たちの罪を贖い、よみがえって天の御父のもとにお戻りになったイエスさまのお声が聞こえて来ることでしょう。何も神秘的なお声を……とは言っていない。それは、「聖書に聞く」という意味なのです。


3、世に勝ったのです

 弟子たちは、「見なくなる」「また見ることになる」(16)とはどういうことなのだろうと、イエスさまのことばの意味を探りかねていました。それなのに、質問することをためらっています。が、イエスさまは、彼らの信仰告白には、―それはまだいくつもの疑問符がつくものでしたが―、それなりの痛みを伴うのだよと、警告の意味を込めて答えられました。「あなたがたは今、信じているのですか。見なさい。あなたがたが散らされて、それぞれの家に帰り、わたしをひとり残す時が来ます。いや、すでに来ています。しかし、わたしはひとりではありません。父がわたしといっしょにおられるからです。」(31-32)すでに「世に属する者」と「神さまに属する者」との戦いが勃発しています。ただ、イエスさまがまだ彼らといっしょにいる間、「世=サタン」の憎しみはイエスさまに向けられていましたから、イエスさまの身に迫って来る危険のことは心配していましたが、そんな戦いが繰り広げられていることに、弟子たちは気がつきません。しかし、じきにその牙は彼らにも向けられるのです。が、まだそんな危機が表面化してもいないのに、弟子たちはイエスさまが逮捕されるや否や、まるで蜘蛛の子を散らすようにみんな逃げ出してしまいましたし、イエスさまが十字架上で亡くなりますと、近隣の弟子たちは自分の村に引き上げてしまったようです。そして、いよいよ、弟子たちの宣教活動が始まりますと、イエスさまを告発し、十字架につけた彼ら「世に属する者たち」は、イエスさまに属する者たちを付け狙い始めます。その手始めに、ペテロとともにヨハネもその毒牙にかかって捕らえられ(使徒4章)、やがて、ステパノの殉教という出来事も起こってしまうのです。ここにイエスさまのことばが書き加えられたのは、その戦いにおいて、「世」は聖徒たちを狙い、その信仰は非常な危機にさらされるのだとする予告なのでしょう。聖徒たちは、その戦いが、死さえも覚悟しなければならないほど、極めて困難な戦いになることを覚悟しなければなりません。「世」はあらゆる権力を動員して来るからです。

 その中でヨハネが、「イエスさまはひとりではない。御父がいっしょにおられるからだ」と強調したのは、世界に広がった教会が、イエスさまの死を、「世」との戦いでの敗北と思っていたからなのでしょう。それは、「世」がそう思い込み、イエスさまへのそんな評価が世界中でほぼ確定していたからと思われます。キリスト教はユダヤ教の一派であると誤解されていたことも、その意識と無関係ではありません。なぜなら、この「世」というのは、当初、ユダヤ教を指していたからです。

 しかしイエスさまの死は、十字架の救いなのであって、世が慕う罪に対する勝利でした。聖徒たちは、この戦いにパラクレートスばかりでなく、イエスさまと父なるお方までもが参戦され、「神さま」の総力を挙げて勝利を獲得されたのだと知らなければなりません。ヨハネは、イエスさまの長い決別説教(13:31-16:33)をこう締め括ります。「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」(33)と。

 「世」が与えるのは患難であって、神さまの平安ではない。そもそも「世=コスモス」は、ギリシャ世界で「世界の事物をまとめる何らかの秩序ないし法則」を指し、そこから「世界」とか「宇宙」という概念が出て来たのですが、それは、現代も踏襲している人間の価値基準であって、神さまが創造された「世界」「宇宙」などではありません。その本質は人間賛美であって、「神さま」のことはコスモスの秩序を破壊する存在としか映っていないのです。ヨハネは、そんな「コスモス」が、「神さまの世界」に対立する「人間世界」であって、実在の神さまを見つめる信仰の目に浮かび上がって来た敵対する実存と見ています。その二つの価値観がイエスさまを挟んで衝突したのはごく自然なことでしょう。その衝突はイエスさまが十字架に死なれたことで決着がついた筈でした。が、その戦いは聖徒たちの戦いへと軸足を移し、現代もなお続いています。その中で、イエスさまを救い主とする私たちは、十字架のイエスさまが世に勝利したと宣言するヨハネの信仰に倣いたいと願うのです。それは、パラクレートスが関わっていなくても同じ表現になるのかも知れませんが、内在のパラクレートスに突き動かされて告白した信仰とは根本的に違うものです。それは断じて信仰告白などではない。そこには、「神さまがいらっしゃるのか、いらっしゃらないのか」という決定的な違いがあります。神さまは、イエスさまの十字架を罪の赦しと受け止め、「わが主、わが神」と告白した聖徒たちをご自分の民と受け入れてくださるのです。ですから私たち、ご自分を無にしてイエスさまを指し示したパラクレートスとともに、十字架のイエスさまを「わが主」と告白し、天に凱旋する日を待ち望みつつ信仰の戦いを戦い続けようではありませんか。



Home