ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

イエスさまの祝福は


<ヨハネ 2:1−11>
1それから3日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。2イエスも、また弟子たちも、その婚礼に招かれた。3ぶどう酒がなくなったとき、母がイエスに向かって「ぶどう酒がありません。」と言った。4すると、イエスは母に言われた。「そのことで、わたしとあなたは何の関係があるのでしょう。女の方、わたしの時はまだ来ていません。」5母は手伝いの人たちに言った。「あの方が言われることを、何でもしてあげてください。」6さて、そこには、ユダヤ人のきよめのしきたりによってそれぞれ八十リットルから百二十リットル入りの水がめが六つ置いてあった。7イエスは彼らに言われた。「水がめに水を満たしなさい。」彼らは水がめを縁までいっぱいにした。8イエスは彼らに言われた。「さあ、今汲みなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい。」彼らは持って行った。9宴会の世話役はぶどう酒になったその水を味わってみた。それがどこから来たのか、知らなかったので、―しかし、水をくんだ手伝いの者たちは知っていた。―彼は、花婿を呼んで、10言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、人々が十分飲んだころになると、悪いぶどう酒を出すものだが、あなたは良いぶどう酒をよくも今まで取っておきました。」11イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現わされた。それで弟子たちはイエスを信じた。

<詩篇 149:1−4>
1ハレルヤ。主に新しい歌を歌え。聖徒の集まりで主への賛美を。2イスラエルは、おのれの造り主にあって喜べ。シオンの子らは、おのれの王にあって楽しめ。3踊りをもって、御名を賛美せよ。タンバリンと立琴をかなでて、主にほめ歌を歌え。4主は、ご自分の民を愛し、救いをもって貧しい者を飾られる。


1、カナの結婚式に

 「それから三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、そこにイエスの母がいた。イエスも、また弟子たちも、その婚礼に招かれた」(1-2)と二章が始まります。

 カナは、ガリラヤ湖畔のテベリア・バスセンターから、バスでキブツ(イスラエルの大規模農場)の平坦な畑が広がる台地に登り、山間部をかなり走ったところにあります。そこからナザレまでは二十分くらいと近い。山の斜面にへばりついているような小さな村です。
 イエスさまの母マリヤは早くからここに来ており、この婚礼の裏方を取り仕切っていたようですので、婚礼の家とは何らかの縁につながっていたのであろうと考えられています。
 「三日目」というのは、ガリラヤのカペナウム辺りで活動していたイエスさまに、結婚式の知らせが届いて駆けつけたことを指しているのかも知れませんが、ヨハネが翌日とか三日目などと日時を特定するような記述をする時には、何らかの区切りであって、必ずしも時間指定をしているわけではありません。ここから情景とかトーンが変わるのだというくらいに受け止めるほうがいいようです。

 11節には「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現わされた。それで弟子たちはイエスを信じた」とありますので、結婚式がこの記事の目的ではなく、メシアとしての第一歩を刻むことが中心主題なのであって、そのイエスさまのご栄光を見た「弟子たちが信じた」ということを大切にしたものと思われます。
 「弟子たちも招かれた」というのは、そのことへの伏線と見ることができるでしょう。

 しかし、イエスさまが現わされたご栄光は、結婚式における奇跡だったのでしょうか。

 「ぶどう酒がなくなったとき」(3)と、この奇跡物語が始まりますが、これは説明を要します。
 ユダヤ人の結婚というのは、婚約と結婚の二段階に分けられていて、婚約が法的にも社会的にも結婚なのです。ただ、まだ同居はしていません。それが、ある期間(一年くらい)を経て同居しようということになりますと、夫が妻の家に迎えに来て、妻を自分の家に連れて行き、迎え入れる。十人の乙女たちが灯火を用意して花婿を待つイエスさまのたとえ話(マタイ25:1-13)は、そのときのことを指しています。花嫁が到着しますと、盛大な婚礼の宴が繰り広げられ、それは三日から一週間も続くそうですが、たくさんのぶどう酒が用意され、誰も彼もが底が抜けたように飲む。婚礼の宴でぶどう酒がなくなったら、その家の主人の面目は丸つぶれだそうです。
 裏方を取り仕切っていたからでしょうか。マリヤがイエスさまに向かって言いました。「ぶどう酒がありません。」(3)
 きっとものすごい量のぶどう酒が用意されていたと思われますが、そのありったけを飲んでしまったのでしょう。それでもまだ婚礼の宴は続いています。


2、ぶどう酒がありません

 マリヤの言葉から考えてみたい。
 彼女はイエスさまに「ぶどう酒がありません」と訴えました。
 この時、福音書記者のヨハネがこの現場にいたかどうかは、何も記されてはいないのですが、ある伝説では、婚礼を催した花婿がヨハネ自身だったとしているのです。ヨハネの母はサロメという名でマリヤの姉妹。そこでは、イエスさまとヨハネは従兄弟ということになっています。二世紀ころに広がった伝説だそうです。それはきっと、無理にこじつけた偉人伝説のたぐいと思われますが、共観福音書によりますと、ペテロ・アンデレの兄弟と同時期、つまり、非常に早い時期にヤコブ・ヨハネの兄弟が弟子になっていますので、イエスさまの従兄弟かどうか、あるいは花婿だったかどうかは別にして、ヨハネがその場にいたことは間違いないでしょう。
 この記事は、一部始終を目撃した彼の証言の上に組み立てられたヨハネ神学なのです。

 ところで、マリヤはイエスさまに何を期待したのでしょうか。
 イエスさまは水をぶどう酒に変えるという奇跡をなさいましたので、その奇跡を期待したのであろうと考えられています。しかし、奇跡を行なうも行わないもイエスさまにかかっているのです。しかも、イエスさまは、「そのことで、わたしとあなたは何の関係があるか。女の方、わたしの時はまだ来ていない」(4)とマリヤに冷たい。しばしば、この態度には、古くから聖書研究者たちの間で「どうして?」という疑問符がつけられて来ました。
 けれども、マリヤはそれくらいのことでは動ぜず、引き下がりません。これは人間的な母子の関係などによって左右されることではないと思っていたのでしょうか。マリヤのことばは、「ぶどう酒がありません」(3)と「あの方が言われることを、何でもしてあげてください」(5)だけです。他には何もない。そこにはマリヤの信仰が見られると言われてきました。が、その信仰はどういったものなのでしょうか。
 考えてみたいと思うのです。

 マリヤといっしょにナザレで暮らしていたころのイエスさまの記事は、十二歳の折に行ったエルサレム神殿で、神さまを「父」と呼んだことだけ(ルカ2:49)ですが、記録にないだけで、他にもたくさんのそれに類したことがあったと思われます。マリヤはそれらのことをよく覚えていたのでしょう。イエスさまを身ごもったときにも、天使からイエスさまの真の親が神さまご自身であることを知らされていましたから、そんなお方であるイエスさまが不思議を行なうのなら、それは断じて自分の要望などによってではないことが分かっていたと思われます。
 マリヤの信仰は、イエスさまがぶどう酒を整えてくださるというものではなく、イエスさまが何をなさるのか分からないながら、その一切をイエスさまにゆだねたということなのです。それが信仰者の姿勢ではないでしょうか。私たちの信仰が何らかの不思議を引き起こしたということでは断じてない。覚えて頂きたいことです。


3、イエスさまの祝福は

イエスさまは「水がめに水を満たしなさい」(7)と言われました。
 この「水がめ」をカナのウエディング・チャーチというおしゃれな記念会堂で見たことがあります。大きな石臼のようなものが二つ並んでいました。ナザレからテベリヤのホテルへの帰り道、カナでバスを降りたのですが、教会の門が閉まっている。うろうろしていますと、ちょうど、ロシアの団体さんのバスが到着し、門が開きましたので、彼らに紛れて中に入ったところ、そんな私を見ていたのでしょう。そこの神父が近づいて来ました。「よろしかったら、説明しましょうか」と申し出てくれましたので、喜んでお願いしました。彼によりますと、十五世紀トルコのスレイマン大王が四つの石がめを持ち去ったそうです。ここにある二つは押収を免れたという説明でしたが、眉唾ものとしても、いかにもそれらしいものでした。後期ユダヤ教の儀式で、外出先から帰って来た時や、食事前などに身を清めるために用いられるものですが、80〜120gも入る石がめ六つ(6)に水を満たす。現代のように蛇口をひねれば水が出るなどという状況ではありませんから、大変な作業だったと思いますが、裏方さんたちは懸命に働いて石がめを水で一杯にしました。
 イエスさまが言われます。
 「さあ、今汲みなさい。そして宴会の世話役のところに持って行きなさい」(8)
 世話役はそれを味見して花婿に言いました。
 「人は皆、質の良い酒を先に出すものだ。質の落ちるやつは酔ったころに出すんだ。お前ときたら、良い酒を今までとっておいた」(10・岩波訳)

 イエスさまは水を最上質のぶどう酒に変えたのです。
 水がいつ、どこで、どのようにしてぶどう酒に変わったのかは分かりません。が、ヨハネはこう付け加えています。「(世話人は)それがどこから来たのか、知らなかった。しかし、水を汲んだ手伝いの者たちは知っていた」(9)と。これは一章で「知らなかった」「分からなかった」が「知ってほしい」「分かってほしい」というヨハネの願いにまで遡る意識なのでしょう。
 これは、イエスさまの奇跡などという唐突な記事と考えられていますが、決して唐突なものではなく、バプテスマのヨハネのあかしからつながる、福音書記者ヨハネの証言として記された記事と言っていいかと思われます。
 この後、「しるし(奇跡)」は、ヨハネ福音書の一つの重要な主題となっていくのです。

 イエスさまは「わたしの時はまだ来ていない」(4)と言われました。
 けれども、それなのにこの奇跡を行われたのです。
 この「時」が、イエスさまの「しるし」を行使する時でないことは確かでしょう。
 この奇跡は、イエスさまも共に飲み、楽しみながら、婚礼の宴を喜んでいることの延長なのでしょう。婚礼を喜び楽しんでいる人々への祝福でした。

 端的に言いましょう。イエスさまの時とは十字架の時なのです。
 水を最上質のぶどう酒に、しかも五百〜六百gという飲み切れないほどの量に変えたこと、それが人々への祝福だったことも、十字架を指し示しています。十字架はイエスさまからの祝福なのです。イエスさまはたくさんの奇跡を行われましたが、そのことごとくは十字架に凝縮していきます。そのように受け止めるなら、この奇跡は、「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現わされた。それで弟子たちはイエスを信じた」(11)と締めくくった証言として、十字架という最高の祝福を念頭に置きながら、福音書の、まだ冒頭に近いここに挿入されたことも頷けるではありませんか。
 詩篇に、「主はご自分の民を愛し、救いをもって貧しい者を飾られる」(149:4)とある。
 イエスさまは、ご自分のいのちを十字架に磔けてまで、私たちの救いとなってくださったのです。何と光栄なことでしょう。それなのに、現代の私たちは、「しるし」や「愛」や「金銭」などといった、即物的に渇きを癒やすことだけを求めている。そして、しばしば、そういったものには、イエスさまの名が冠せられてはいないのです。いや、もしイエスさまの名が冠せられているなら、きっと、現代人は近づきもしないのでしょう。

 しかし、覚えて頂きたい。
 今の私たちに必要なことは、イエスさまが、「しるし」や「愛」や「金銭」に勝って、我らの主なのだという信仰、そして告白ではないでしょうか。その方をまず第一とし、礼拝し、賛美する。そこから溢れるばかりの祝福を頂くことをこそ求めたいではありませんか。



Home