ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

60
慈しみに満ちた十字架


<ヨハネ 13:21-30>
21イエスは、これらのことを話されたとき、霊の激動を感じ、あかしして言われた。「あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切ります。」22弟子たちは、だれのことを言われたのか、わからずに当惑して、互いに顔を見合わせていた。23弟子のひとりで、イエスが愛しておられた者が、イエスの右側で席に着いていた。24そこで、シモン・ペテロが彼に合図をして言った。「だれのことを言っておられるのか、知らせなさい。」25その弟子は、イエスの右側で席に着いたまま、イエスに言った。「主よ。それはだれですか。」26イエスは答えられた。「それはわたしがパン切れを浸して与える者です。」それからイエスは、パン切れを浸し、取って、イスカリオテ・シモンの子ユダにお与えになった。27彼がパン切れを受けると、そのとき、サタンが彼にはいった。そこでイエスは彼に言われた。「あなたがしようとしていることを、今すぐしなさい。」28席に着いている者で、イエスが何のためにユダにそう言われたのか知っている者は、だれもいなかった。29ユダが金入れを持っていたので、イエスが彼に、『祭りのために入用の物を買え。』と言われたのだとか、または、貧しい人々に何か施しをするように言われたのだとか思った者も中にはいた。30ユダは、パン切れを受けるとすぐ、外に出て行った。すでに夜であった。

<詩篇 118:21-29>
21私はあなたに感謝します。あなたが私に答えられ、私の救いとなられたからです。22家を建てる者たちの捨てた石。それが礎の石になった。23これは主のなさったことだ。私たちの目には不思議なことである。24これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。
25ああ、主よ。どうぞ救ってください。ああ、主よ。どうぞ栄えさせてください。
26主の御名によって来る人に、祝福があるように。私たちは主の家から、あなたがたを祝福した。27主は神であられ、私たちに光が与えられた。枝をもって、祭りの行列を組め。祭壇の角のところで。
28あなたは、私の神。私はあなたに感謝します。あなたは私の神。私はあなたをあがめます。
29主に感謝せよ。主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。


1、イエスさまの悲しみは

 ヨハネ福音書の第二部、十字架の章が始る十三章の最初から、ヨハネは、イスカリオテ・ユダのことに何回も触れて来ました。その記事は断片的でしたが、今、ヨハネは、避けては通れないイスカリオテ・ユダのことを、彼独特の記事にまとめ上げようとしています。
 ヨハネが、イスカリオテ・ユダのことを通してここで何を語ろうと願ったのか、そのメッセージを聞いていきたい。

 「夕食の間のことであった。悪魔はすでにシモンの子イスカリオテ・ユダの心に、イエスを売ろうとする思いを入れていた。」(13:2)、「イエスはご自分を裏切る者を知っておられた。」(11)、「わたし(イエスさま)は、わたし(イエスさま)が選んだ者を知っています。しかし聖書に『わたしのパンを食べている者が、わたしに向かってかかとを上げた。』と書いてあることは成就するのです。」(18)と、これら断片的な言及が、今朝のテキスト21~30節に投影され、ヨハネは、イスカリオテ・ユダのことをまとめて取り扱いながら、十字架へのイエスさまの時が動き出すさまを描きました。

 イエスさまを囲むように行われていた過越の食事は、「聖餐式」や「洗足」のこともあって、だいぶ夜も更けています。もともとユダヤ人の各家庭で行われる過越の食事は、真夜中まで延々と続く、年間を通して最も重要な祭りでした。
 頃合いを見計らっていたのでしょうか。
 イエスさまは、「アーメン、アーメン、汝らに告げん」と弟子たちに注意をうながし、「霊の激動を感じて」言われました。「あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切ります」(21)と。新改訳で「霊の激動を感じ」となっていますが、これは、新共同訳が「心を騒がせ」、岩波訳が「霊がかき乱され」、永井訳が「霊に於いて愁え給えり」となっていて、イエスさまの内面が昂ぶっていることを指しているようです。弟子たちの誰もが気が付かないイスカリオテ・ユダの裏切りを冷静に指摘しながら、しかしイエスさまは動揺してたのです。

 「あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切る」と、このことは、十三章以前にある二つのイスカリオテ・ユダに関する記事が触れています。今朝のテキストに入る前に、そのところからもう少し考えてみたい。
 一つは6章66~71節のところです。
 そこには、ペテロの、「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています」という信仰告白があるのですが、ヨハネはそこにつなげて、「わたしが、あなたがた十二人を選んだのではありませんか。しかしそのうちのひとりは悪魔です」とイエスさまのことばを記し、「イエスはイスカリオテ・シモンの子ユダのことを言われたのである。このユダは十二弟子のひとりであったが、イエスを売ろうとしていた」と結びます。
 そこでは何らかの意図があってユダを名指してはおらず、ペテロの告白と並べているのですが、それは、イエスさまが、ユダへの悔い改めの機会としていたからではないか、とヨハネは考えていたようです。そのことは、イエスさまが、「そのうちのひとりは悪魔である」と言われたことにも込められているようです。これは、「あなたは悪魔に魂を売ってしまったのか。しかし、わたしはまだあなたが悔い改めて戻って来るのを待っているのだよ」と、イエスさまの愛を感じさせてくれるではありませんか。イエスさまの愛ならば、悪魔の拘束力よりも強力であると、ヨハネの思いが伝わってきます。けれども、ユダには、その思いもイエスさまの愛も届いては行きませんでした。何が原因だったのでしょうか。

 もう一つのことは、12章4~7節に見られます。
 これは、ベタニヤのマリヤの香油注ぎの記事です。このところでイスカリオテ・ユダは、「なぜ、この香油を三百デナリに売って、貧しい人々に施さなかったのか」と非難していますが、イエスさまは、「そのままにしておきなさい。マリヤはわたしの葬りの日のために、それを取っておいたのです」と、丁寧にたしなめています。記事としてはそれだけなのですが、弟子団の筆頭のようにみんなから頼りにされていたユダです。人望もあり、知的にも感性的にも能力がある。イエスさまの思いが分からないはずがない。しかし、ユダは頑なに心を閉じて、その愛に応えようとはしません。ヨハネは、そこにイエスさまの悲しみを見ていたのでしょう。裏切りの意思を断固変えようとはしないユダを感じながら。ですから、ヨハネは、この記事の中に、「弟子のひとりで、イエスを裏切ろうとしているイスカリオテ・ユダ」と加えました。


2、ヨハネの視点

 「あなたがたのうちのひとりが、わたしを裏切る」とイエスさまが言われました。
 ところが、弟子たちは、イエスさまのその深い悲しみを受け止めることができません。
 そのときのことをヨハネは、「弟子たちは、だれのことを言われたのか、わからずに当惑して、互いに顔を見合わせていた」(22)「席に着いている者で、イエスが何のためにユダにそう言われたのか知っている者は、だれもいなかった。ユダが金入れを持っていたので、イエスが彼に、『祭りのために入用の物を買え。』と言われたのだとか、または、貧しい人々に何か施しをするように言われたのだとか思った者も中にはいた」(28-29)と告白しています。
 ヨハネがこの時のイエスさまの悲しみを理解したのは、だいぶ後になってなのでしょう。
 恐らく彼は、イスカリオテ・ユダのことが、エペソ教会とローマ・ギリシャ世界に建てられた教会共同体にとって極めて重要な問題であると受け止め、ユダの記事を断片的なままで終わらせず、ここにまとめました。
 この記事に込められたヨハネの視点を考えてみたい。


 「弟子のひとりで、イエスが愛しておられた者が、イエスの右側で席に着いていた。そこで、シモン・ペテロが彼に合図をして言った。『だれのことを言っておられるのか、知らせなさい。』その弟子は、イエスの右側で席に着いたまま、イエスに言った。『主よ。それはだれですか。』イエスは答えられた。『それはわたしがパン切れを浸して与える者です。』それからイエスは、パン切れを浸し、取って、イスカリオテ・シモンの子ユダにお与えになった。」(23-26)

 ユダヤ人の伝統的な食事の原風景では、背の低い食卓に左ひじをつき、足を投げ出して、体をななめに寝そべって、右手で食べます。最古参の弟子であるヨハネが(参考1:37-40)「イエスさまの愛する弟子」と呼ばれ、イエスさまの右側に席を占めていたのは、弟子たちの暗黙の了解があってのことだったのでしょうか。右側は「み胸に近く」(口語訳)ということですから、彼は、イエスさまの胸に寄りかかるようにして尋ねたわけです。そして、イエスさまがスープに浸したパン切れを手渡しできる者は、イエスさまを中心にして、右側にいたヨハネか、あるいは、ヨハネとは反対側、つまり左側にいたものに限られます。イスカリオテ・ユダがパン切れを受け取ったということは、彼がイエスさまの左側にいたということなのでしょう。
 右側には、「イエスさまの愛する者」ヨハネが、そして、イエスさまからパン切れを受け取った左側には、「イスカリオテ・ユダ」がいました。

 ヨハネは、自分の名を伏せることで、右の席も左の席も同じと言っている。
 これはある意味、古代ギリシャで用いられた修辞法・レトリックなのです。自分のことというよりも、イエスさまを挟んで、自分と同等の席にいるユダは、イエスさまからも弟子たちからも重んじられ、愛されていたのだと証言している。それほどイエスさまの近くにいたユダがイエスさまを裏切った。君たちにもそんなことが起こり得るのだよと、それがヨハネのエペソ教会の人たち、そして現代の私たちへのメッセージだったような気がしてなりません。

 後にヨハネは、イエスさまから「あなたがしようとしていることを、今すぐしなさい」(27)と言われたユダが、「パン切れを受けるとすぐ、外に出て行った。すでに夜であった」(30)と当時のことを思い出していますが、ユダの内面に起こった異変を、「彼がパン切れを受けると、そのとき、サタンが彼にはいった」(27)と言い表します。
 しかし、ゲッセマネの園で、共観福音書が記したユダの顛末については口を噤み、祭司長やパリサイ人たちを引き連れて来た(18:3)、そこにはユダもいた(18:5)としか記していません。ゲッセマネの園でイエスさま逮捕の場から逃げ出した彼自身の痛みが重なってのことではないでしょうか。


3、慈しみに満ちた十字架

 「主よ。それはだれですか。」「それはわたしがパン切れを浸して与える者です。」と、イエスさまとヨハネのこの会話は小声だったようですから、他の弟子たちには聞こえていません。ですから、イエスさまの左側にいるイスカリオテ・ユダがイエスさまを裏切るなど思いもしません。きっと、聞こえていたとしても、ユダとは結び付かなかったことでしょう。弟子たちは、金銭の管理能力に優れているとか、都会人だとか、ユダヤ人としての知性や感性にも優れているなど、いろんな意味でユダのことを認め、重んじていました。
 過越の食卓で主人がパン切れをスープに浸して分け与える。
 これは、過越の食事を主催しておられるイエスさまが、その食卓でユダを第一の客と認めたということでしたし、そのことに弟子たちは異議を唱えていませんから、依然として、ユダには全幅の信頼を寄せており、ユダが出て行ったのは、イエスさまが過越の祭りのために必要なものを買い求めることをお命じになったか、貧しい人たちへの施しをするように言われたのであろうと思っていました。過越の食事のことも、あるいは貧しい人たちへの施しのことも、形成されつつあったイエスさまの共同体にとっては、非常に重要な要素であって、弟子団の財布を管理していて共同体幹部と目されるユダがその一端を担うのはごく自然なことだったからでしょう。

 しかし、そんな弟子たちとは対照的に、イエスさまは、ユダの内面に巣くう問題点を見抜いておられました。ユダを愛しておられたイエスさまは、その愛ゆえに、ユダの内面に起こっているさざ波を鋭く洞察していたのでしょう。しかも、神さまご自身としての目を注がれていましたから、イスカリオテ・ユダのことも、そして、弟子たちのこともお分かりになっていました。
 けれども、イエスさまは彼らの誤解や葛藤を修正しようとはなさいません。
 ユダの内面に揺れ動く思いは、いづれみんなにも分かることでした。が、そのことがはっきりする前に、ユダが悔い改めて、何事もなく信仰者として立ち返るならば、それに越したことはなかったのです。「ハソレトと呼ばれる赤いスープに浸した種なしパン一切れ」(「イエス時代の日常生活」ⅢPP.96f)をユダに与えたのは、過越の食事の意味を考えてごらんというサインではなかったでしょうか。きっとユダ自身もそう受け止めたにちがいありません。それはイスラエルの解放を告げるものであり、魂を罪の隷属から引き離すものでした。


 そもそも、この記事を彩る中心主題は、決して裏切り者イスカリオテ・ユダの動向などではなく、イエスさまの悲しみと愛、十字架に死ぬという愛なのです。そのことを、ヨハネは、イエスさまのユダに対する優しい視点の中で描こうとしているように思われてなりません。

 この後、イエスさまの長い説話(14-16章)や祈り(17章)にユダのことが出て来ることはなく、イエスさまは十字架の道を歩むことに一言の泣き言も言ってはいません。ただ、ユダが出て行ったとき、「今こそ人の子は栄光を受けました。また、神は人の子によって栄光をお受けになりました」(31)と、ついにご自分の「時」が来たことを宣言されます。それは十字架におかかりになることの宣言でもありました。
 ユダの裏切りはその引き金になったのです。
 神さまのご計画と言えましょう。
 イエスさま福音の中心主題は、しばしば安易に「十字架」と言われがちですが、教理化され、干からびてしまった十字架ではなくて、神さまから遠く離れた私たちへのイエスさまの悲しみであり、愛なのです。その悲しみと愛と慈しみ(詩篇118:29)に満ちたイエスさまの十字架こそ、現代の私たちが目を留めなければならない最高の価値観ではないでしょうか。
 多様な価値観が狂乱した結果、どこにも信頼するに足る価値観を見失ってしまった現代、その最高の価値観をこそ求めて頂きたいと願うですが。



Home