ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

我らの信仰を


<ヨハネ 1:35−51>
35その翌日、またヨハネはふたりの弟子とともに立っていたが、36イエスが歩いて行かれるのを見て、「見よ、神の小羊」と言った。ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った。37ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った。38イエスは振り向いて、彼らがついて来るのを見て、言った。「あなたがたは何を求めているのですか。」彼らは言った。「先生。今どこにお泊まりですか。」39イエスは彼らに言われた。「来なさい。そうすれば分かります。」そこで、彼らはついて行って、イエスの泊まっておられる所を知った。そして、その日彼らはイエスといっしょにいた。時は十時ごろであった。40ヨハネから聞いて、イエスについて行ったふたりのうちのひとりは、シモン・ペテロの兄弟アンデレであった。41彼はまず自分の兄弟シモンを見つけて、「私たちはメシヤ(訳して言えば、キリスト)に会った。」と言った。42彼はシモンをイエスのもとに連れて来た。イエスはシモンに目を留めて言われた。「あなたはヨハネの子シモンです。あなたをケパ(訳すとペテロ)と呼ぶことにします。」43その翌日、イエスはガリラヤに行こうとされた。そして、ピリポを見つけて、「わたしに従って来なさい。」と言われた。44ピリポは、ベッサイダの人で、アンデレやペテロと同じ町の出身であった。45彼はナタナエルを見つけて言った。「私たちは、モーセが律法の中に書き、預言者たちも書いている方に会いました。ナザレの人で、ヨセフの子イエスです。」46ナタナエルは彼に言った。「ナザレから何の良いものが出るだろう。」ピリポは言った。「来て、そして、見なさい。」47イエスはナタナエルが自分のほうに来るのを見て、彼について言われた。「これこそ、ほんとうのイスラエル人だ。彼のうちには偽りがない。」48ナタナエルはイエスに言った。「どうして、私をご存じなのですか。」イエスは言われた。「わたしは、ピリポがあなたを呼ぶ前に、あなたがいちじくの木の下にいるのを見たのです。」49ナタナエルは答えた。「先生。あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」50イエスは答えて言われた。「あなたがいちじくの木の下にいるのを見た、とわたしが言ったので、あなたは信じるのですか。あなたは、それよりもさらに大きなことを見ることになります。」51そして言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。天が開けて、神の御使いたちが人の子の上を上り下りするのを、あなたがたはいまに見ます。」

<詩篇  42:11>
11わがたましいよ。なぜおまえは絶望しているのか。なぜ、御前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の救い、私の神を。


1、イエスさまの時代へ

 「その翌日、またヨハネはふたりの弟子とともに立っていたが、イエスが歩いて行かれるのを見て、『見よ、神の小羊』と言った。ふたりの弟子は、彼がそう言うのを聞いて、イエスについて行った」(35-36)
 イエスさまの証人バプテスマのヨハネの舞台、その残り少ない記事です。

 ヨハネは、先に「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」(29)と、イエスさまを指し示しました。ここには前回の証言から「世の罪を取り除く」というところがなぜか省略されています。しかし、弟子たちはフルセンテンスの「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」と聞いたのでしょう。彼らがバプテスマ・ヨハネの弟子になったのも、ユダヤ社会が不平や不満に満ちており、人々の、特に指導者階級の人たちの悪が充満していると感じたからと思われるのです。ヨハネのその証言を聞いた二人の弟子たちはイエスさまのあとについて行き(37)、そのままイエスさまの弟子になってしまいました。もしかしたら、ヨハネからそのように諭されたのかも知れません。そんな想像さえしてします。
 「神の小羊」というのは、旧約聖書レビ記に由来して、「贖罪」を指すものです。多分イザヤ書五十三章7節の「ほふり場に引かれて行く小羊」がイメージされているのでしょう。

 前回、その証言は、バプテスマのヨハネが、イエスさまのことを知らなかったのに、彼を「遣わされたお方」の啓示を聞いて、勃然とイエスさまが世の救い主であることを悟ってのことなのだと触れましたが、その証言は弟子たちの心に深く刻みつけられました。
 バプテスマのヨハネはふたりの弟子とともに「立っていた」(35)とある。
 しかし、「どこに?」とか「なぜ?」という説明は一切ありません。まるで二人の弟子を引き立てるように「立っていた」と言うだけです。きっと、この二人の弟子は数あるヨハネの弟子の中でも中心的存在だったとでも言いたげな表現と聞こえます。

 きっと、そんな弟子でしたから、ヨハネのそばにぴったりと張り付いていて、師ヨハネの一つ一つの言動を凝視していました。彼らは、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊=メシア」(29)という証言をも聞いていました。レビ記のこともイザヤ書のことも、彼らは知っていましたから、師の思いが伝わり、だから、この弟子たちは、きっとヨハネがそう望んだように、イエスさまのあとについて行き、弟子になったのであろうと想像するのです。
 この二人の弟子のことに触れることで、ヨハネの影がだんだん薄くなっている。バプテスマのヨハネは間もなく福音の舞台から退場していき、福音書記者の意識はバプテスマのヨハネからイエスさまの時代へと移っていくのです。


2、神さまの啓示の中で

 イエスさまの時代、その最初を彩ったのは招かれた弟子たちでした。
 共観福音書の記事とは違っていますが、恐らく、イエスさまを指し示す証人として、福音書記者ヨハネは、バプテスマのヨハネから弟子たちへの移行を書こうとしている。そのために、共観福音書から洩れた記事をまとめたものと思われます。

 イエスさまとバプテスマ・ヨハネの二人の弟子との会話です。
 「あなたがたは何を求めているのですか」「ラビ。今どこにお泊まりですか」「来なさい。そうすれば分かります」(38-39)

 奇妙なことですが、この時彼らは、ヨハネから「あの方はメシアである」と聞き、ついては来たものの、イエスさまは、いかにも預言者らしい風貌のヨハネとは違っていますし、このままついて行っていいかどうか、迷ったのではないでしょうか。ところが、イエスさまは「来れば分かる」と言われました。「分かる」とは、19〜34節でヨハネが「知らなかったのに、知った」「分からなかったのに、分かった」と証言したことを受けての言い方です。それは、「聖霊がある方の上に下って、その上にとどまられるのがあなたに見えたなら、その方こそ、聖霊によってバプテスマを授ける方である」(34)というヨハネへの神さまの啓示があってのことでした。

 今、この弟子たちは、イエスさまについて行き、神さまの啓示そのものであるロゴスなるイエスさまを見て、メシアであることを確認しようとしています。そして、彼らの戸惑いから生まれた「どこにお泊まりですか」という質問を、イエスさまは見事なまでに、ご自分のロゴスであることに結びつけ、「来れば分かる」のだと、永遠のロゴスの前における彼らの立ち方にまで踏み込みました。
 「イエスの泊まっておられる所を知った」(39)とある。恐らく、この二人の弟子たちは、イエスさまについて行くだけでは満足せず、その教えを聞きたいと願ったのでしょう。その日はずっとイエスさまのところに留まり続けました。
 「時は十時(午後四時)ごろであった」(39)とは一日の終わりを指し、時が満ちたこと=神さまの啓示を意味していると思われます。この二人の弟子たちは、イエスさまからの教えを聞き、それはまさに神さまからの啓示でしたが、その神さまの啓示の中で、イエスさまのことをメシアであると「分かった」わけです。
 「ヨハネから聞いて、イエスについて行ったふたりのうちのひとりは、シモン・ペテロの兄弟アンデレであった」(40)
 アンデレは、次の日兄弟のペテロに会うなり、「私たちはメシアに会った」(41)と証言し、ペテロもイエスさまにお会いして(42)、ペテロ・アンデレという一組の弟子第一号が誕生しました。ケパ(アラム名)もペテロ(ローマ名)も「岩」という意味です。
 アンデレといっしょにイエスさまについて行ったもうひとりの弟子は、福音書記者ヨハネ自身ではなかったかという推測もあるのですが……。イエスさまと二人の弟子の会話はそのことを暗示しているようです。

 「その翌日、イエスはガリラヤに行こうとされた。そして、ピリポを見つけて、『わたしに従って来なさい』と言われた。ピリポは、ベッサイダの人で、アンデレやペテロと同じ町の出身であった。彼はナタナエルを見つけて言った。『私たちは、モーセが律法の中に書き、預言者たちも書いている方に会いました。ナザレの人でヨセフの子イエスです』 ナタナエルは彼に言った。『ナザレから何の良いものが出るだろう』 ピリポは言った。『来て、そして、見なさい』」(43-46)

 「翌日」という言い方が何度も出て来ますが、それは文字通りの「翌日」よりも、何らかの区切りを指すものと聞いたほうがいいようです。
 二組目の弟子はピリポとナタナエルです。
 まず、ピリポのことから始まります。
 ペテロとアンデレ、さらにピリポとナタナエルの名前が上げられるのは、バプテスマのヨハネに代わって、イエスさまの証人として立てられたことを意味しているのでしょう。まず第一組目の弟子の役割はイエスさまをメシアであると指し示すことでした。そして、一組目の弟子よりももっと明確な証言が、ピリポのことばに見られます。「モーセが律法の中に書き、預言者たちも書いている方にお会いしました」と。これは、ピリポが、〈神さまの啓示・より具体的には神さまのことばである聖なる書物=旧約聖書〉に書かれているお方であると認識していることを指し示しています。それは、ペテロとアンデレが世間で囁かれていたお方・メシアにお会いしたというよりも、一歩踏み込んだ証言と言えましょう。
 しかし、ピリポのより重要な役割は、友人のナタナエルをこの舞台に引き出すものでした。


3、我らの信仰を

 「ナザレから何の良いものが出ようか」とナタナエルのことばがある。彼はナザレ近くにあるカナの出身ですから(21:2)、ナザレのことは良く知っていたのでしょう。山間の美しい町ですが、小さな田舎町です。大工ヨセフの息子イエスを見知っていたのかも知れません。そうしますと、「何の良いものが……」というのは、あのイエスがメシアである筈はないという意味に聞こえます。そんなナタナエルがイエスさまにお会いして、新約聖書中でも非常に重要なものに数えられる信仰告白が生まれました。
 ヨハネはこう記します。
 「イエスはナタナエルが自分のほうに来るのを見て、彼について言われた。『これこそ、ほんとうのイスラエル人だ。彼のうちには偽りがない』 ナタナエルはイエスに言った。『どうして私をご存じなのですか』 イエスは言われた。『わたしは、ピリポがあなたを呼ぶ前に、あなたがいちじくの木の下にいるのを見たのです』 ナタナエルは答えた。『先生。あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です』」(47-49)

 「いちじくの木の下」は、ナタナエルがそこで聖書を読んでいたことを指しているようです。聖書というのは、恐らく、ヘブル語の聖書(旧約聖書)だったのでしょう。
 当時、ユダヤでは、ユダヤ人会堂でパリサイ人や律法学者たちから聖書(旧約聖書)のことを聞いていました。それはヘブル語で書かれていましたが、日常会話がアラム語であることから、ヘブル語文化が次第に失われ、聖書を自分で読むことの出来る人が少なくなっていたようです。ですから、ナタナエルのように自分で聖書を読む人が珍しくなっている。それなのにイエスさまは、ナタナエルが自分で聖書を読んでいたと洞察したのです。
  そして、ナタナエルに、「来て、そして、見なさい」と声をかけたピリポもまた、そんな「聖書を読んでいた」ひとりだったのです。ベッサイダに住んでいたピリポとカナのナタナエルがなぜ「友人」なのか、それは、恐らく聖書を(ヘブル語で)読んでいたからではないでしょうか。もしかしたら、そのようなグループがあったのかも知れないと想像してしまいます。
 彼らの感激が伝わって来るではありませんか。
 アンデレやペテロがイエスさまのことを「メシア」と呼んだ以上の、これはまさに信仰告白であると言っていいでしょう。「神の子」も「イスラエルの王」もメシアを指す言い方でした。が、それが告白というところまで昇華されている。しかも、その告白は、聖書を読んでいたというところに裏付けされている。その意味で、ナタナエルの告白はピリポの「モーセが……、預言者たちも……」という証言に重なり、これは、ヨハネからの、現代の私たちへのメッセージでもあると聞こえるのです。

 アンデレから始まったイエスさまをメシアとする信仰が、告白にまで高められ、聖書・神さまのことばに依拠していくところが、バプテスマのヨハネからイエスさまの弟子たちに舞台を移した福音書記者であり啓示者であったヨハネ自身の、信仰告白にも重ねながら、ここに書きたいことではなかったかと思われてなりません。
 しかもヨハネは、この箇所をイエスさまのことばでこう締めくくりました。
 「あなたがいちじくの木の下にいるのを見た、とわたしが言ったので、あなたは信じるのですか。あなたはそれよりもさらに大きなことを見ることになります」(50)「まことに、まことにあなたがたに告げます。天が開けて、神の御使いたちが人の子の上を上り下りするのを、あなたがたは今に見ます」(51)
 彼らはやがてイエスさまの十字架とよみがえりを見ることになる。そのときに主が本当にメシア・キリストであったと「分かる」のでしょう。
 ピリポとナタナエルが読んでいた聖書は、イスラエルの単なる歴史に触れるものではなく、イエスさまの救い主であることを証言してやまないものでした(5:39参照)。
 これがこの福音書の骨格なのです。

十字架とよみがえりの主イエス・キリストの前に膝をかがめ、「あなたは神の子」「わが主、わが神」と告白し、賛美する。これは信仰者たちの、最も単純にして最大の信仰行為であるとお分かりでしょう。この福音書には、その部分が他の福音書に比べますと圧倒的に多い。それは、ヨハネがこの福音書を著した時が、迫害と異端の多発という暗闇の時代に突入していたからです。一世紀末の教会に混乱が生じている。そのことは、教会から離れる人たちが異常に多くなっている現代に重なるではありませんか。
 聖書を読むことと、信仰告白と、賛美と、その原点に帰らなければなりません。
 福音書記者ヨハネのメッセージは現代の私たちへのものであると聞きたい。イエスさまのことなど関係ないとそっぽを向く人たちに、その信仰を示していきたいではありませんか。



Home