ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

56
光ある間に光を


<ヨハネ 12:27-36a>
27「今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください。』と言おうか。いや、このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。28父よ。御名の栄光を現わしてください。」そのとき、天から声が聞こえた。「わたしは栄光をすでに現わしたし、またもう一度栄光を現わそう。」29そばに立っていてそれを聞いた群衆は、雷が鳴ったのだと言った。ほかの人々は、「御使いがあの方に話したのだ。」と言った。30イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためにではなくて、あなたがたのためにです。31今がこの世のさばきです。この世を支配する者は追い出されるのです。32わたしが地上から上げられるなら、わたしはすべての人を自分のところに引き寄せます。」33イエスは自分がどのような死に方で死ぬかを示して、このことを言われたのである。34そこで群衆はイエスに答えた。「私たちは、律法で、キリストはいつまでも生きておられると聞きましたが、どうしてあなたは、人の子は上げられなければならない、と言われるのですか。その人の子とはだれですか。」35イエスは彼らに言われた。「まだしばらくの間、光はあなたがたの間にあります。やみがあなたがたを襲うことのないように、あなたがたは、光がある間に歩きなさい。やみの中を歩く者は、自分がどこに行くのかわかりません。36aあなたがたに光がある間に、光の子どもとなるために、光を信じなさい。」

<伝道者の書 12:1-2>
1あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また、「何の喜びもない。」と言う年月が近づく前に。2太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後にまた雨雲がおおう前に。


1、悲しみの杯を負って

 十字架をすぐ間近にして、イエスさまは、その死の深い意味を表明しました。
 「人の子が栄光を受けるその時が来ました。まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます」(24)と。

 数人のギリシャ人が訪れて来た時のことです。
 十一章で、ラザロの死に遭遇した姉妹マリヤとベタニヤの村人たちの悲しみをご覧になったイエスさまが、「霊の憤りを覚え、心の動揺を感じた」(33)とありました。それは、「死と死の背後にあって死の力を持つ者に激しく怒り、武者震いしつつ戦いを挑んで行ったのであろう」と、アメリカの改革派神学者ウォーフィールドのことばを引用しましたが(ヨハネ講解説教50)、「一粒の麦が……もし死ねば、豊かな実を結ぶ」とは、そんな戦いを挑もうとしている中での死を決意したことばなのでしょう。


 その戦いに突入しようとする矢先、イエスさまがこう言われます。
 「今わたしの心は騒いでいる。何と言おうか。『父よ。この時からわたしをお救いください。』と言おうか。いや、このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。父よ。御名の栄光を現わしてください。」(27-28)
 今朝のテキスト冒頭のところです。

 これは、イエスさまが祈りに行き、そこでイスカリオテ・ユダの裏切りに遭い、祭司長たちに逮捕された記事として、共観福音書が記した「ゲッセマネ物語」(マタイ26:36-56等)にあるイエスさまの祈りにそっくりで、「もう一つのゲッセマネ物語」であると言われています。
 その元祖「ゲッセマネ物語」、マタイの記事では、イエスさまが「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、わたしといっしょに目をさましていなさい」(26:38)と弟子たちに言われ、少し離れたところでこう祈られました。
 「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」(同39)
 これは、御子イエスさまが、御父から見捨てられて十字架に死ななければならないのだと理解していたことを意味します。なぜなら、イエスさまの死は、自分の罪のために死ななければならない私たちの身代わりであって、罪なきお方が罪ある者とされての断罪だからです。「杯」は、十字架の死であると同時に、御父からの遺棄だったのです。
 イエスさまにとって、一番の悲しみはそのことだったでしょう。
 ヨハネ十三章から十七章までは、十字架におかかりになる前夜のことですから、この「ゲッセマネの祈り」は、そんな十字架を目前にしたイエスさまの悲痛な祈りでした。
 ルカ福音書は、「イエスは苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた」(22:44)と記しています。

 この時、園の奥まで分け入って祈られたイエスさまのそばにいた弟子たちは、ペテロ、ヤコブ、ヨハネの三人ですので、ヨハネはその耳でイエスさまの悲痛な祈りを聞いていました。

 しかし、ヨハネが別に記した「ゲッセマネ物語」(18:1-14)からは、イエスさまの祈りの部分は省かれています。ヨハネには何らかの意図があって、ゲッセマネの園で祈られたイエスさまの祈りのみをここに抽出したのでしょう。


2、わたしは栄光を現わそう

 その意図は、ヨハネだけが記した神秘体験のところで明らかにされるようです。
 二つの意図が汲み取れますが、その一つは、イエスさまの祈り「父よ。御名の栄光を現わしてください」(28)にお応えになったもので、「そのとき、天から声が聞こえた。『わたしは栄光をすでに現わしたし、またもう一度栄光を現わそう』」(28)とある、そんな神秘体験の中で語られているようです。
 この部分はゲッセマネの園で起こったことと考えられますが、四福音書とも「ゲッセマネ物語」にはもはやその痕跡すらなく、それとは切り離されて、イエスさま説話の一部に組み込まれています。そこに群衆がいたことも、ヨハネの編集であって、別の記事(たとえばルカ3:21-22)が組み合わされているのかも知れません。

 神さまの、この「わたしは栄光を現わす」という宣言は、イエスさまに絡められており、「栄光」はもともと「輝く」という意味ですから、神さまが持っていらっしゃる本来の光を、イエスさまを通して輝かすのだと聞こえます。この御子の要望(祈り)があって、二回の「わたしは栄光を現わす」という天の声になりました。先の一回は過去形ですから、先在のロゴス・御子をこの世に遣わされたことであり、そのお方を通して御父・神さまの恵みが明らかにされたという意味なのでしょう。イエスさまは、ご自分がなさった数々の奇跡などを、御父がなさったことであると神さまに帰しています。特にヨハネ福音書ではそのことが強調されているようです(10:32等)。そして、「またもう一度栄光を現わそう」と未来形で言われる二回目の「栄光」には、間近に迫ったイエスさまの十字架(とよみがえり)が意図されているのだと、ヨハネは、後に弟子たちが思い至ったこと(16)に、神さまの宣言を重ね合わせながら証言しました。ですから、彼はこのフレーズを「イエスは自分がどのような死に方で死ぬかを示して、このことを言われたのである」(33)と締め括っている。
 端的に言いますと、イエスさまの祈りをここに抽出した一つの意図は、神さまの救済計画が「御子の十字架とよみがえり」を中心に据え、そのことを通して救済計画が実現するのだというヨハネのメッセージなのです。

 二つ目の意図は、ヨハネがこの声を、ある者は雷が鳴った、ある者は「御使いがあの方に話したのだ」と言った(29)と、群衆を証人に加えたことに見られます。
 恐らく、神殿の外庭でイエスさまを取り囲んだ群衆が、いつの間にか消えてしまったギリシャ人の代わりを務めているのでしょうが、いづれにしても、天からの声に接した者たちが、そのことをもって、イエスさまを神の子(あるいは人の子)であると信じる信仰の保証にするなど、信仰の誤解であって、本当は、御父と御子の救済計画には必要のない証人なのです。

 が、ヨハネは、彼らに別の役割を課しました。
 「この声が聞こえたのは、わたしのためにではなくて、あなたがたのためにです。今がこの世のさばきです。この世を支配する者は追い出されるのです。わたしが地上から上げられるなら、わたしはすべての人を自分のところに引き寄せます」(30-32)とあるイエスさまの宣言には、33節のヨハネの証言を加えることで、神さまに遣わされた者の十字架の死が、この世の支配者サタンとサタンに与するこの世の者への裁きの開始であると同時に、聖徒たちが主のもとに集められるのだという福音の中心的メッセージが込められているのでしょう。

 「ゲッセマネ物語」(18:1-14)には、イエスさまを逮捕しに来た人々の他に、群衆は登場していませんので、別の出来事を重ねているのかも知れませんが、ローマ・ギリシャ人の世界には民間信仰とも言える迷信が流布していましたから、教会に入り込んでいた人たちの中には、ある種の神秘体験をもって、それをイエスさまを信じる信仰であると、錯覚するような動きがあったのではないかと思われます。しかし、漠然と「天の声」を聞いたなどとする神秘的宗教体験など、主の民として聖別される保証とはなり得ないことを、現代の私たちも肝に銘じておかなければならないのではないでしょうか。宗教には疎くなっている現代人ですが、意外と神秘体験を経験した人の証言には弱いところがあるようですから。


3、光ある間に光を

 イエスさまを「メシアかも……」と期待するユダヤ人たちは、これまでにも多くいました。今、イエスさまに質問しようと立った群衆は、そのような人たちだったのでしょう。

 恐らく、「もう一つのゲッセマネ物語」(27-28)のところから、場面が変わっている。

 彼らは、エルサレム神殿でイエスさまを取り囲んだ群衆ではなくて、紀元一世紀末にエペソ教会に来ていた、もしくは、ローマ・ギリシャ世界でキリスト教に関心を寄せるユダヤ人ではなかったかと思われます。彼らはイエスさまにこう問いかけました。
 「私たちは、律法で、キリストはいつまでも生きておられると聞きましたが、どうしてあなたは、人の子は上げられなければならない、と言われるのですか。その人の子とはだれですか。」(34)

 彼らはユダヤ教徒としての意識から一歩も出てはいないようです。
 彼らはメシアを「人の子」と認識してはいるのですが、その方が「遣わされた先在のロゴス」「地上を歩まれる神」であるとは気づいてはいません。「その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いて、その王国を治め、さばきと正義によってこれを堅く立て、これをささえる。今より、とこしえまで」(イザヤ9:7)とある極めて民族的、希望的、人間的なものでした。「とこしえに」など全く耳に届いてはいないようです。

 ヨハネは後期ユダヤ教のメシア観を問題にしているのです。
 紀元七十年のユダヤ戦争敗北とともに、ユダヤ教は、後世から「後期ユダヤ教」と呼ばれる時代に入っていました。地中海沿岸の「ヤブネ」に栄えたユダヤ人学校(ユダヤ・アカディメイア)に端を発する後期ユダヤ教は、ラビたちの言行録を研究し、「タルムッド」や「ミシュナ」と呼ばれるユダヤ教聖典の整備に全勢力を傾けており、必然的に、「聖なる書物」と呼ばれて来た聖書(旧約)は次第に疎外される傾向にありました。つまり、ユダヤ人たちは、「神さまのことば」と目されて来た「啓示」もしくは「啓示宗教」から遠ざかりつつあったのです。次第に人間のことば・知恵に堕して行く「タルムッド」や「ミシュナ」には、苦難のメシアも高挙のメシアも存在せず、まして、十字架に死なれたイエスさまが「人の子」と呼ばれる「地上を歩まれる神」であり、私たちの救い主であるなど想像すらできないのでしょう。
 しかし、何らかの期待はしている。その期待がこのような質問になりました。
 彼らがイエスさまの陰に宿りたいと願う者であるなら、メシア・イエスさまが永遠に生きるという証言を期待していたのかも知れません。それならば、降りかかりつつある迫害と殉教の嵐から救い出してくれるであろう。
 いづれにしても、彼らの誤解は膨らんでいきます。

 ヨハネが提供したイエスさまの答えは、こうでした。
 「まだしばらくの間、光はあなたがたの間にあります。やみがあなたがたを襲うことのないように、あなたがたは、光がある間に歩きなさい。やみの中を歩く者は、自分がどこに行くのかわかりません。あなたがたに光がある間に、光の子どもとなるために、光を信じなさい。」(35-36)
 神さまの裁きの時が始まる。終末は近いのです。
 伝道者の書にこうある。「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また、『何の喜びもない。』と言う年月が近づく前に。太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後にまた雨雲がおおう前に。」(12:1-2)
 現代の私たちも、光ある間に光・イエスさまを信じたいではありませんか。



Home