ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

見よ、神の小羊を


<ヨハネ 1:19−34>
19ヨハネの証言は、こうである。ユダヤ人たちが祭司とレビ人をエルサレムからヨハネのもとに遣わして、「あなたはどなたですか。」と尋ねさせた。20彼は告白して否まず、「私はキリストではありません。」と言明した。21また、彼らは聞いた。「では、いったい何ですか。あなたはエリヤですか。」彼は言った。「そうではありません。」「あなたはあの預言者ですか。」彼は答えた。「違います。」22そこで、彼らは言った。「あなたはだれですか。私たちを遣わした人々に返事をしたいのですが、あなたは自分を何だと言われるのですか。」23彼は言った。「私は、預言者イザヤが言ったように、『主の道をまっすぐにせよ。』と荒野で叫んでいる者の声です。」24彼らは,パリサイ人の中から遣わされたのであった。25彼らはまた尋ねて言った。「キリストでもなく、エリヤでもなく、またあの預言者でもないなら、なぜ、あなたはバプテスマを授けているのですか。」26ヨハネは答えて言った。「私は水でバプテスマを授けているが、あなたがたの中に、あなたがたの知らない方が立っておられます。27その方は私のあとから来られる方で、私はその方のくつのひもを解く値うちもありません。」28この事があったのは、ヨルダンの向こう岸のベタニヤであって、ヨハネはそこでバプテスマを授けていた。29その翌日、ヨハネはイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。30私が『私のあとから来る人がある。その方は私にまさる方である。私より先におられたからだ。』と言ったのは、この方のことです。31私もこの方を知りませんでした。しかし、この方がイスラエルに明らかにされるために、私は来て、水でバプテスマを授けているのです。」32また、ヨハネは証言して言った。「御霊が鳩のように天から下って、この方の上にとどまられるのを私は見ました。33私もこの方を知りませんでした。しかし、水でバプテスマを授けるために私を遣わされた方が、私に言われました。『聖霊がある方の上に下って、その上にとどまられるのがあなたに見えたなら、その方こそ、聖霊によってバプテスマを授ける方である。』34私はそれを見たのです。それで、この方が神の子であると証言しているのです。」

<イザヤ 40:1−5>
1「慰めよ。慰めよ。わたしの民を。」と、あなたがたの神は仰せられる。2「エルサレムに優しく語りかけよ。これに呼びかけよ。その労苦は終わり、その咎は償われた。そのすべての罪に引き替え、二倍のものを主の手から受けたと。」3荒野に呼ばわる者の声がする。「主の道を整えよ。荒地で、私たちの神のために、大路を平らにせよ。4すべての谷は埋め立てられ、すべての山や丘は低くなる。盛り上がった地は平地に、険しい地は平野となる。5このようにして、主の栄光が現わされると、すべての者が共にこれを見る。主の口が語られたからだ。」


1、主の道をまっすぐに

 「ヨハネの証言はこうである。ユダヤ人たちが祭司とレビ人をヨハネのもとに遣わして、『あなたはどなたですか』と尋ねさせた」(19)
 福音書記者ヨハネは、イエスさまの登場に先立ち、バプテスマのヨハネを再登場させます。彼はイザヤ書四十章3〜5節にある「主の道を整える者」でした。ロゴス賛歌で彼のことを取り上げたときも、ロゴスの証人であるとされています(1:6-8、15)。

 ヨルダン川で人々にバプテスマを授けていたときなのでしょう。
 バプテスマ・ヨハネのもとに、「ユダヤ人たち」から遣わされて祭司とレビ人がやって来ました。ここに言われる「ユダヤ人たち」とは、24節によるとパリサイ人なのですが、祭司もレビ人もエルサレム神殿で神さまに仕える者であるのに、パリサイ人と呼ばれるユダヤ教の一派はユダヤ人会堂(シナゴグ)を彼らの守備範囲としています。バビロン捕囚の時に、ユダヤ人会堂(シナゴグ)で神さまに奉仕するために、「分離された者」という意味であろうとされる「パリサイ人」として誕生して以来、彼らの勢力は非常に大きなものとなっていました。
 パリサイ人と祭司・レビ人とは、権力を巡る対立関係にあって、祭司やレビ人がパリサイ人から命令される立場にはありません。それなのに、この時、両者の利益は、権力を守るという点で一致し、手を結んだのでしょう。
 ユダヤ人は福音の迫害者なのだという福音書記者ヨハネの意識の中で、遣わされて来た者たちが質問します。
 「おまえは誰だ」(岩波訳)と、警戒心が見え見えです。
 彼らは、バプテスマを授ける行為を、自分の思想下に人々を取り込むものであるとしていました。明らかに、バプテスマのヨハネを、新らしい教えの宣伝者と見なし、その宗教を警戒している。ですから、送り込んだ調査団は、ユダヤ教の清めに関する専門家の祭司とレビ人でした。この組み合わせはここだけの登場ですが、レビ人は、恐らく、逮捕権を持つ神殿警察の役人と思われます。彼らは、初めから、ヨハネを不審者と見て尋問している。

 「新宗教」と言いましたが、彼らユダヤ人たちは、バプテスマのヨハネがメシアであると主張する者ではないかと疑い、傍目にもおかしいと思われるほど警戒心をむき出しに尋問している。もしかしたら、ヨハネを逮捕しに来たと言ってもいいくらいです。ユダヤ社会の不安要素となっていたメシア流行という当時の風潮から、祭司やパリサイ人といった権力者中心の社会構造を何としても守るのだという意識が透けて見えるようです。しかし、そんな者たちの問いかけに答えたヨハネの答えは、「私はキリストではない」(20)「エリヤでもなく、預言者でもない」(21)と回りくどいものでした。きっと、質問者自体が何を聞きたいのか、どう聞いたらいいのか、はっきりしていなかったからでしょう。「おまえは誰だ」などという質問はどうとでも取れる。
 しかし、ヨハネは「私はキリストではない」と否定はしたものの、彼らが疑っているメシアに属する者であることを隠そうとはしません。
 バプテスマのヨハネは、預言者イザヤが言っているように、(私は)「『主の道をまっすぐにせよ』と荒野で叫んでいる者の声」(23、イザヤ40:3-4)であると宣言しました。それは、メシア降臨を待ち望んでいたユダヤ人にとって、その露払いとして登場して来る者=預言者エリヤであると広く知られていました。「エリヤ」であるとは、マラキ四章5節に「見よ。わたしは、主の大いなる恐ろしい日が来る前に、預言者エリヤをあなたがたに遣わす」とあるところから、メシアが来る前に出現すると信じられていたことを指します。


2、あなたがたの中に、あなたがたの知らないお方が

 しかし、彼らユダヤ人たちは、バプテスマ・ヨハネのそのことばを聞きながら、それを無視して言うのです。
 「キリストでもなく、エリヤでもなく、またあの預言者でもないなら、なぜあなたはバプテスマを授けているのですか」(25)
 それは、ヨハネがあっさりと否定したからです。
 ヨハネは彼らの悪意を見抜いたのでしょう。彼らは、ヨハネがメシアであるとかあの預言者であると言ったとしても、絶対に受け入れないと決めていたのかも知れません。彼らは、「私はキリストではない」「エリヤでもなく、預言者でもない」と言ったヨハネの言い分だけを取り上げ、それならばおまえはなぜバプテスマを授けていたのかと、追い打ちをかけるように、あくまでもヨハネの罪を問おうとしている。彼らは、ヨハネが何者なのか分かった上で彼をつぶそうとしているのだと聞こえて来ます。
 自称他称の偽メシアが名乗りを上げてさえも、その声に乗って反ローマののろしを上げようとする者たちが多く、すぐに暴動に結びついていく当時のユダヤ社会でした。まして、もしかしたら本当のメシアが現われるかも知れない、その鍵を握る預言者ではないかと思われる人物が出て来たのです。このヨハネをつぶしてしまえば、道は平らにならず、メシアの出現を食い止めることが出来るかも知れない。彼らのどす黒い思いが浮かび上がって来るようです。

 しかしヨハネは、自分のことなどはどうでもいい。自分の役割は、あくまでも来ようとしておられるキリストを指し示すことであると、その一点に立とうとしています。
 「私は水でバプテスマを授けているが、あなたがたの中に、あなたがたの知らない方が立っておられます。その方は私のあとから来られる方で、私はその方のくつのひもを解く値打ちもありません」(26-27)
 これは共観福音書も取り上げた証言でした。「あなたがたの知らない方」とか「私はその方のくつのひもを解く値打ちもない」と言われるのは、メシア・キリストを指しています。キリストはユダヤ人の伝統とか祭儀を背景に登場して来るわけではない。まして、パリサイ人や祭司たちが頼りとする律法とか、人間の権威を振りかざす中から出て来る方ではありません。今、イエスさまは彼らの知らないお方、彼らのレベルでは推し量ることの出来ないお方として、私たちの世に来られたのです。その、人々の知らないお方を人々に知らしめることが、バプテスマ・ヨハネの最大の目的でした。彼の証言が始まります。


3、見よ、神の小羊を

 29〜34節からです。
 翌日、ベタニヤにいたヨハネのところに、バプテスマを受けようとイエスさまが来られました。ベタニヤは、マルタ、マリヤ、ラザロの三人姉弟が住んでいたオリーブ山の東側にある小さな村が有名ですが、そこではなく、ヨルダン川(東側?)にあった地名のようです。
 かぎ括弧で二回括られた証言(29-31、32-34)は、福音書記者ヨハネの編集と思われますが、その両方に「私もこの方を知らなかった」と共通する言葉があります。「私もこの方を知りませんでした。しかし、この方がイスラエルに明らかにされるために、私は来て、水でバプテスマを授けている」(31)そして、もう一度「私もこの方を知らなかった」(33)と繰り返し、「聖霊がある方の上に下って、その上にとどまられるのがあなたに見えたなら、その方こそ、聖霊によってバプテスマを授ける方である」(33)と聞いたと証言します。

 これはバプテスマのヨハネへの神さまの啓示でした。

 そう聞いたから、ヨハネは「私は見た」「この方が神の子である」(34)とイエスさまを指し示したのです。イエスさまにバプテスマを授けるときまでは「分からなかった」ことが、「私を遣わされた方が言われた」(33)ことで「分かった」と言う。福音書記者は、バプテスマのヨハネとイエスさまの「バプテスマ」を軸に二つの記事を関連づけ、「知らなかった」から「知った」への転換を強調しているのです。きっと、イエスさまを信じる信仰は、初めに「知らなかった」という告白から始まるのではないでしょうか。それが、神さまのことばを聞くことで「分かった」に変わって行く。イエスさまを信じる信仰は、そのようにして神さまの世界・領域へと踏み入って行く過程なのかも知れません。

 そして、このバプテスマ・ヨハネの二回の証言は、イエスさまへの「見よ。世の罪を取り除く神の小羊」(29・36)という一点に凝縮されました。
 これは明らかに、出エジプト以来守られて来たユダヤ人の伝統的祭儀宗教を踏襲したイエスさまの贖罪を示すもので、新約聖書中にこのような思想・表現は他に見られないところから、パウロに影響された後代のヘレニストによる加筆であろうとする現代聖書学者たちの見解が生まれました。しかし、ここだけにしか用いられないから、これはヨハネの真筆ではないというのは、いささか乱暴に過ぎるでしょう。むしろ、イエスさまに出会ったバプテスマのヨハネが最も力を込めて指さした証言と聞いたから、福音書記者ヨハネがこれを取り上げたと言えそうです。

 バプテスマのヨハネのことはこの章に集中し、あとは三章にほんのわずか登場した後、消えていきます。他の福音書の記事を見ても、その活動時期は極めて短いのです。その短い中で最も重要なことは、イエスさまを「見よ。世の罪を取り除く神の小羊」と証言することにあったと聞かなければなりません。「『私より先におられたからだ』と言ったのはこのかたである」(30)と、先在のロゴスを再度指し示して、バプテスマのヨハネは「主の道を整える」役割を終えました。以下はイエスさまの出来事となります。

 以後、バプテスマ・ヨハネの役割は、弟子たちに引き継がれます。
それは一世紀末の福音書記者ヨハネを中継して、現代の私たちにも受け継がれて来たと聞こえるではありませんか。福音の展開は極めて立体的な事柄なのでしょう。空間も時間も飛び越えている。福音書記者ヨハネが「ベタニヤ……」(28)と、この「場所」を特定したことと、恐らく「翌日」という時間の特定も、イエスさまの出来事を事実とする証言と思われます。が、その「事実=歴史性」をもヨハネは自在に操り、ユダヤ地方とガリラヤ地方の境を取り払っているようです。イエスさまの福音の故に、生まれ故郷のユダヤを離れ、エペソという異境の地に住み着いて、ギリシャやローマや現代までをも見つめたヨハネ、彼が何よりも大切にしたものはイエスさまの福音だったのです。
 イエスさまの福音は時代を超えて人の心を見通すことが出来る。
 ヨハネが立ち続けたのはその福音にでした。
 その姿勢に私たちも倣いたいではありませんか。



Home