ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

40
恵みとまことに満つ


<ヨハネ 8:48−59>
48ユダヤ人たちは答えて、イエスに言った。「私たちが、あなたはサマリヤ人で、悪霊につかれていると言うのは当然ではありませんか。」49イエスは答えられた。「わたしは悪霊につかれてはいません。わたしは父を敬っています。しかしあなたがたは、わたしを卑しめています。50しかし、わたしはわたしの栄誉を求めません。それをお求めになり、さばきをなさる方がおられます。51まことに、まことに、あなたがたに告げます。だれでもわたしのことばを守るならば、その人は決して死を見ることがありません。」52ユダヤ人たちはイエスに言った。「あなたが悪霊につかれていることが、今こそわかりました。アブラハムは死に、預言者たちも死にました。しかし、あなたは、『だれでもわたしのことばを守るならば、その人は決して死を味わうことがない。』と言うのです。53あなたは、私たちの父アブラハムよりも偉大なのですか。そのアブラハムは死んだのです。預言者たちもまた死にました。あなたは自分自身をだれと言うのですか。」54イエスは答えられた。「わたしがもし自分自身に栄光を帰するなら、その栄光はむなしいものです。わたしに栄光を与える方は、わたしの父です。この方のことを、あなたがたは『私たちの神である。』と言っています。55けれどもあなたがたはこの方を知ってはいません。しかし、わたしは知っています。もしわたしがこの方を知らないと言うなら、わたしはあなたがたと同様に偽り者となるでしょう。しかし、わたしはこの方を知っており、そのことばを守っています。56あなたがたの父アブラハムは、わたしの日を見ることを思って大いに喜びました。彼はそれを見て、喜んだのです。」57そこで、ユダヤ人たちはイエスに向かって言った。「あなたはまだ五十歳になっていないのにアブラハムを見たのですか。」58イエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。」59すると彼らは石を取ってイエスに投げつけようとした。しかし、イエスは身を隠して、宮から出て行かれた。

<箴言 3:1−12>
1わが子よ。私のおしえを忘れるな。私の命令を心に留めよ。2そうすれば、あなたに長い日と、いのちの年と平安が増し加えられる。3恵みとまことを捨ててはならない。それをあなたの首に結び、あなたの心の板に書きしるせ。4神と人との前に、好意と聡明を得よ。5心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。6あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。7自分を知恵のある者と思うな。主を恐れて、悪から離れよ。8それはあなたのからだを健康にし、あなたの骨に元気をつける。9あなたの財産とすべての収穫の初物で、主をあがめよ。10そうすれば、あなたの倉は満たされ、あなたの酒ぶねは新しいぶどう酒であふれる。11わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。その叱責をいとうな。12父がかわいがる子をかるように、主は愛する者をしかる。


1、御父と御子の世界を

 イエスさま(ヨハネ)がユダヤ人たちに言いました。
 「あなたがたは、あなたがたの父である悪魔から出た者であって、あなたがたの父の欲望を成し遂げたいと願っているのです。悪魔は初めから人殺しであり、真理に立ってはいません。彼のうちには真理がないからです。彼が偽りを言うときは、自分にふさわしい話し方をしているのです。なぜなら彼は偽り者であり、また偽りの父であるからです」(44)と。
 当然のことながら、彼らは猛反発しました。「私たちが、あなた(イエスさま)はサマリヤ人で、悪霊につかれていると言うのは当然ではないか。」(48)
 どうも、新改訳も新共同訳も言い方が丁寧に過ぎるようです。岩波訳は、ユダヤ人たちがけんか腰になっている。

 ともあれ、ユダヤ人にとって、隣国の仲の悪いサマリヤ人は、悪霊に憑かれた者の代名詞的存在でしたから、イエスさまを「サマリヤ人である」と断じました。
 それは、サマリヤ人が、北イスラエル王国の末裔だと主張しながらも、その実態は、様々な血が入り交じった混合民族であって、すでに破壊されていましたが、エルサレム神殿を模して建造されたゲジリム山上の神殿には異教の神々が祀られ、聖なる書物もモーセ五書しか認めていなかったからです。ユダヤ人たちは、彼らがイスラエルの模造でしかないと思っていました。しかも、ユダヤとはずっと敵対関係にあった国なのです。
 彼らパレスティナのユダヤ人ばかりか、エペソ教会に入り込んで来たユダヤ人たちも、イエスさまを、そんなサマリヤ教団の、恐らく預言者であろうとしている。四章に出て来たサマリヤの女が、イエスさまを預言者ではなかろうかと言ったことを受けてのことなのでしょうか。彼らはそんなヨハネのメッセージを聞いていましたし、サマリヤに定着していたイエスさまの名声が、ディアスポラ・ユダヤ人たちの耳に入っていたのかも知れません。

 ところが、ユダヤ人たちが「おまえはサマリヤ人だ」と言ったことや、イエスさまが「サマリヤ人の預言者」であると言われたことに、ヨハネは、拒否や同意など、何の反応も示してはいないのですが、「悪霊に憑かれている」と言う告発は、イエスさまとローマ・ギリシャ世界に建てられた教会への思い切った罵倒である、と受け止めています。
 恐らく彼らは、うまくいきかけていた教会への攻撃が、エペソに戻って来たヨハネに阻止されて、悔しさのあまり「お前たちの信じるイエスは、サマリヤ人で悪霊に憑かれている」と決めつけたかったに過ぎないのでしょう。

 彼らの罵倒に、ヨハネは、丁寧に、しかし、中心点に踏み込んで答えました。
 「イエスさまは悪霊につかれてはいません。イエスさまは御父を敬っています。しかしあなたがたは、イエスさまを卑しめています。しかし、イエスさまはイエスさまの栄誉を求めません。それをお求めになり、さばきをなさる方がおられます。まことに、まことに、あなたがたに告げます。だれでもイエスさまのことばを守るならば、その人は決して死を見ることがありません」(49-51)

 悪霊は神さまに敵対する存在ですから、イエスさまが悪霊である可能性は、「イエスさまは御父を敬っている」という段階で百%消滅してしまいます。
 ヨハネはこれをイエスさまご自身の証言としていますが、それは、御父と御子のどちらも人間にとってミステリーな領域であって、神さまから遣わされた啓示者自身の証言なしに、その世界を垣間見ることは出来ないからです。神さまの御子イエスさまだけが神さまの世界を語り得る。その証言を聞くことなしに、イエスさまの十字架を基調にした神さまの救いの計画は、私たちの耳に届いて来ることはないでしょう。
 ヨハネはその啓示者の声を聞いたのです。
 恐らく、先に黙示録の世界を見聞きしていましたから、福音書でこのように語り得たのではないでしょうか。
 しかし、耳を傾けない者たちには、その世界が見えて来ません。


2、永遠のいのちに

 この論争の舞台はエペソの教会です。
 聴衆の前で、ヨハネとユダヤ人たちとが激しいやりとりを交わしています。
 きっと、その論争の最中にも、ヨハネの目は聴衆に注がれていたことでしょう。中にはまだクリスチャンになって日の浅い人たちもいるのですが、彼らはユダヤ人の側に引き込まれつつあります。この人たちは、「いつまでも死なない」と語ったことを正確に受け止めてくれるだろうか、とヨハネは、聴衆の反応に全神経を傾けている。
 この記事からは、そんな光景が浮かんで来るではありませんか。
 そして、ヨハネの関心は、エペソ教会を通り越して、ローマ皇帝支配下の世界に建てられた教会に向けられているのです。きっと、エペソ教会で語られたことは、もっともっと広い世界に向けて発信され、ローマ帝国の隅々にまで建てられた全教会に届いて行くのだと、それがヨハネの信仰でした。現代、諸教会の礼拝で語られるメッセージにも、神さまは、そんな広がりを持たせているのではないでしょうか。聞く方たちが受け止めることを通してなのですが。

 実は、ヨハネは、同じようなイエスさまのメッセージを少し前に詳しく語っていました。
 「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしが遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。まことに、まことに、あなたがたに告げます。死人が神の子の声を聞く時が来ます。今がその時です。そして、聞く者は生きるのです」(5:24-25)と。

 キリスト教徒迫害がだんだんと激しくなって来た時代です。
 いつキリスト教徒であることが当局に知られて逮捕され、いのちを奪われてもおかしくはありません。ヨハネ自身もドミティアヌス帝の迫害のもと、パトモス島に流罪とされて、つい先頃エペソに戻って来たばかりなのです。
 そんな中で、「イエスさまは、私の罪のために十字架に死なれ、そしてよみがえられた」と信じた者たちには、永遠のいのちが与えられるのだ、と、それは神さまさまからの約束のメッセージでした。彼ら異邦人キリスト者たちは、「神の子の声を聞く者は生きるのだ」と、そのメッセージを思い出したのではないでしょうか。
 「だれでもイエスさまのことばを守るならば、その人は決して死を見ることがない」と聞いた彼らは、イエスさまを信じる信仰に立ち返ったであろうと想像します。

 ところがユダヤ人たちは、十字架もよみがえりも理解しません。
 彼らは、何度も聞いていたのに、教会で語られたそのことが、イエスさま福音の中心メッセージであるとは聞いて来なかったのです。
 ですから、「だれでもイエスさまのことばを守るならば、その人は決して死を見ることがない」と、異邦人クリスチャンが聞いて信じたと同じことを聞いても、「あなたが悪霊につかれていることが、今こそわかりました。アブラハムは死に、預言者たちも死にました。しかし、あなたは、『だれでもわたしのことばを守るならば、その人は決して死を味わうことがない。』と言うのです。あなたは、私たちの父アブラハムよりも偉大なのですか。そのアブラハムは死んだのです。預言者たちもまた死にました。あなたは自分自身をだれと言うのですか」(52-53)と、そんな方向にしか目が向かなくなっています。
 しかし、彼らが「あなたはだれ?」と問いかけたイエスさまの正体こそ、ヨハネが踏み込もうとする中心主題でした。


3、恵みとまことに満つ

 ヨハネはその中心主題に踏み込みました。

 「イエスさまがもし自分自身に栄光を帰するなら、その栄光はむなしいものです。イエスさまに栄光を与えるお方は、イエスさまの御父です。このお方のことを、あなたがたは『私たちの神である。』と言っています。けれどもあなたがたはこのお方を知ってはいません。しかし、イエスさまは知っています。もしイエスさまがこのお方を知らないと言うなら、イエスさまはあなたがたと同様に偽り者となるでしょう。しかし、イエスさまはこのお方を知っており、そのことばを守っています。あなたがたの父アブラハムは、イエスさまの日を見ることを思って大いに喜びました。彼はそれを見て、喜んだのです」(54-56)

 ヨハネは、何回も繰り返して来た、イエスさまが「人の子」であること、「わたしはある、エゴー・エイミー」とヤハウェ宣言をされたお方であることに、「栄光」を加えました。
 これは、「私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である」(1:14)とある、ロゴス賛歌を念頭に置いているのでしょう。
 ロゴス賛歌の中で、それは、天上で輝いていた先在のロゴスとしての栄光であり、ご自身の中にある永遠のいのち(1:4-5)でした。が、イエスさまはその栄光を放棄され、地上に遣わされて来たのです。
 そのことを、私たちは、私たちの全人格の中心に置かなくてはなりません。
 そのようにイエスさまを私たちの丹田に据えますと、「イエスさまに栄光を与えるお方は御父である」(54)とあるのは、天上におられた方が地上に下られたこと、そして、十字架に死なれ、よみがえって再び天に帰られたこと、と、「地上に来られた神・イエスさま」のすべてを含んでいるとお分かりでしょう。
 ヨハネが、「私たちはこの方の栄光を見た」と言ったのは、イエスさまが地上で現わされた栄光でした。天上での栄光はかすかに想像するだけなのですから。

 ロゴス賛歌は、「律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を説き明かされたのである」(1:17-18)と閉じられます。

 ヨハネが見たと証言するイエスさまの栄光は、恵みとまことに輝いていました。
 パウロはこう言っています。
 「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです。キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです。それゆえ、神は、キリストを高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました」(ピリピ2:6-9)と。
 このパウロ神学において、イエスさまの恵みとまことは、第一に十字架を指してのことだったのではないでしょうか。そして、よみがえられたこと、天に凱旋されて、再び私たちのところに来るという約束のことでもあると聞こえます。パウロの弟子だったルカは、「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たときと同じ有様で、またおいでになる」(使徒1:11)と、天使のことばを記しています。

 今、恵みとまことの主にお会いできる終末の日が近づいている。
 それなのに、「お前はアブラハムを見たのか」(57)と、そんな噛み合わない議論が……。それは、終末を目前にした現代そのものではありませんか。
 罪ある者に寄り添って十字架に死なれたイエスさまに石をぶつけようとすることも(59)。
 しかし、イエスさまは、「アブラハムが生まれる前から」(58)存在しておられたお方なのです。今、私たちは、神さまから問われていると聞かなくてはなりません。
 君たちはどちらに与しようとしているのかと。



Home