ヨハネによる福音書・補

Aiming over one step

21
聖なる日を


<ヨハネ 5:9b−18>
9bところが、その日は安息日であった。10そこでユダヤ人たちは、そのいやされた人に言った。「きょうは安息日だ。床を取り上げてはいけない。」11しかし、その人は彼らに答えた。「私を直してくださった方が、『床を取り上げて歩け』と言われたのです。」12彼らは尋ねた。「『床を取り上げて歩け。』と言った人はだれだ。」13しかし、いやさた人は、それがだれであるか知らなかった。人が大ぜいそこにいる間に、イエスは立ち去られたからである。14その後、イエスは宮の中で彼を見つけて言われた。「見なさい。あなたはよくなった。もう罪を犯してはなりません。そうでないともっと悪い事があなたの身に起こるから。」15その人は行って、ユダヤ人たちに、自分を直してくれた方はイエスだと告げた。16このためユダヤ人たちは、イエスを迫害した。イエスが安息日にこのようなことをしておられたからである。17イエスは彼らに答えられた。「わたしの父は今に至るまで働いておられます。ですからわたしも働いているのです。」18このためユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとするようになった。イエスが安息日を破っておられただけでなく、ご自身を神と等しくして、神を自分の父と呼んでおられたからである。

<創世記 2:1−3>
1こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。2それで神は、第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち、第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。3神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。


1、咎められて

 前回、五章1〜9a節のところで、イエスさまが、エルサレム城壁外、羊門のすぐ近くにあったベテスダの池で、38 年もの間病気で苦しんでいた男を癒やした記事を見ました。
 今朝はその続きです。


 「ところが、その日は安息日であった」(9b)と始まります。
 「ユダヤ人」とありますが、ベテスダ池に見回りに来ていた、パリサイ人たちだったと思われます。彼らはしばしば市中を巡回して、律法違反はないかと目を光らせていました。
 ということは、市民の間に、気づかずに、あるいは故意に細かな規定違反をする者が絶えなかったことを示しています。当時の律法規定は、さほど重要でもなく、どうでもいいような細かな条文が多かったのでしょう。彼らはこう言います。
 「今日は安息日だ。だから床を担ぐことは、律法で許されていない」(10・新共同訳)
 彼らは、その男が今まで伏せっていた担架のようなベッドを折りたたみ、それを担いで歩き回っているのを咎めたのでしょう。「安息日に物を運んではならない」と、これは、ミシュナと呼ばれるラビたちの規定に出て来る一条なのですが、パリサイ人たちの指導のもと、細かな律法厳守規定として、タルムッドとともに、ユダヤ社会の隅々にまで行き渡っていました。しかし一般民衆にとって、厳格な律法遵守は、恐らく、表面的なところだけで、案外と、見つからなければいいと、小さな律法違反は日常的な民衆の知恵だったのでしょう。
 何十年か前に、イスラエル旅行をしたときに、安息日のことで、印象深かったことがありました。エレベータに乗って来ても、目的階のボタンを押さないのです。仕方なく「何階ですか」と聞くと「○○階」と答える。誰かがボタンを押してくれるのを待っているのです。そうかと思うと、こんなこともありました。エリコからエルサレムに帰って来たとき、バスに人が鈴なりにぶら下がっていて乗ることができません。仕方なく炎天下のエリコ街道をとことこ歩いていると、一台のジープが止まってくれました。聞けば、エルサレムまでアルバイトで出向くところだそうです。安息日にアルバイトなんて……。アラブ人かと思いましたが、「ユダヤ人です」という答え。「安息日に?」と聞きますと、彼、「十ドル以下だから問題ない」と涼しい顔でのたまいました。
 この男も、見つかってしまったかとばかりに、癒やしてくれた人に、その名を知らぬまま、その責任を転嫁してしまいます。
 「私を直してくださった方が、『床を取り上げて歩け』と言われたのです」(11)

 「『おまえに、床を担いで歩け』と言ったのはだれだ」「分かりません。今までここにいたのですが。こんなにたくさんの人がいるのですから、探しても分かりませんよ」「そうか。それでは、おまえは帰ってよろしい。だが、床を担いではならぬぞ。今日は安息日だからな」……とこんな会話を想像してしまいます。
 そして、小うるさい役人たちが立ち去ると、この男は、ぺろっと舌を出し、一旦下に置いていた床を取り上げ、また担いでベテスダの池を出て行ったのでしょう。

 向かった先は神殿でした。きっと、これまで神殿に行きたくても、担架に担がれていては、外庭までが限度で、ユダヤ人の成人男性が祈ったり、犠牲を献げる内庭には入ることができません。この男が何歳くらいで、名前は……ということは全く不明ですから、恐らく、イエスさまを信じて、教会に仲間として加わって来たというようなこともなかったのでしょう。が、「三十八年もの長い間病気にかかっていた」(5:5)この男が、歩けるようになって真っ先に神殿内庭に向かったのです。ユダヤ市民の仲間入りが彼の最大の願いでした。


2、神さまの前で

 ところが、向かった神殿境内でイエスさまと出会います。
 病気を直したことが広まるのを嫌ったイエスさまは、ベテスダの池から逃げ出し、神殿におられました。ベテスダ池はエリコ街道近くにありましたから、神殿に行こうとしてオリーブ山を下りて来たところだったのかも知れません。
 マルコ12章41節には、神殿の内庭に座って、人々の様子を眺めている記事がありますから、このときもと思われます。

 担架を担いで入って来る男に気がつきました。
 ヨハネの記事も、「その後、イエスは宮の中で彼を見つけた」(14)となっています。
 そして、きっと、その男も自分を見つめているイエスさまに気づきました。
 近づいて来たその男に、「見なさい。あなたはよくなった。もう罪を犯してはなりません。そうでないともっと悪い事があなたの身に起こるから」(14)と言われます。

 「もう罪を犯してはならない」と、これは何を指しているのでしょうか。
 ある人たちは、この男が病気になったのは罪のためという、後期ユダヤ教の典型的な教説がここに適用されたのであろうと考えました。しかし、病気を癒やされた本人ならばともかく、イエスさまがそんな迷信に囚われている……とは考えられません。それよりも、パリサイ人の言う律法遵守にうわべは従順だった民衆が、裏にまわるとぺろっと舌を出しながら小さな咎を繰り返している。その姿勢はパリサイ人と変わらないと思うのですが、「安息日に担架を担いだ」か「担がない」かが罪の境目なのではなくて、神さまの前に真摯に立つか否かにかかっているのではないでしょうか。きっと、イエスさまはそのことを言われました。

 神さまと誠実に向き合おうとしない、極めて問題の姿勢をこの男は持っていたのでしょう。ですから、「もう罪を犯さないように」と誡められたにもかかわらず、イエスさまにお会いしたことを、自分の身の安全に役立ててしまうのです。

 彼は、わざわざベテスダの池に戻って、なおも人々を監視し続けていた(であろう)ユダヤ人たちに、「自分を直してくれた人はイエスである」(15)と告げました。

 そのパリサイ人たちは、少し前まで自分を詰問していた人たちですから、「おまえにそう言ったのはだれだ」と、この哀れな病人にあわれみをかけた方に、まるで憎しみを向けているような彼らの態度を十分に承知の上で、イエスさまを売ったわけです。それが一層神さまの前に不誠実な生き方であると気がつかない。ただただ、官憲から目をつけられた状況を何とか回避しようと、歩けるようになったその恩恵を浪費して、告げ口をするためにベテスダの池に戻りました。
 自分の身の安全しか見ていないその男は、まるで現代の、自分の利益だけで動いている私たちそのもののようではありませんか。
 もっとも、ヨハネは、この男の以後のことについては口を噤みます。
 まるで関心がないかのように。


3、聖なる日を

 「このためユダヤ人たちは、イエスを迫害した。イエスが安息日にこのようなことをしておられたからである」(16)とある。「していた」とは「する習慣であった」という言い方ですから、パリサイ人たちは、イエスさまが安息日違反を繰り返す常習犯ということで、憎しみを募らせていたのでしょう。「迫害」が具体的に何を指すのかは分かりませんが、18節には「殺そうとするようになった」とありますから、彼らの憎しみはほとんど頂点に達し、イエスさまをつけ狙っていたものと思われます。
 イエスさまは、その反発にお答えになりました。

 いわゆる安息日論争です。見ていきましょう。
 「わたしの父は今に至るまで働いておられます。ですからわたしも働いているのです」(17)

 パリサイ派の人たちの反発は、イエスさまが、ユダヤ人にとって創造神学の重要なところであり、モーセの基本律法にも含まれる安息日を、常態的に反故にしているというものでした。
 創造神学の最後はこのように飾られています。
 「こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。それで神は、第七日目に……、なさっていたすべてのわざを休まれた。神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである」(創世記2:1-3)
 そして、十戒にはこうある。
 「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。……七日目は、あなたの神、主の安息日である。あなたがたはどんな仕事もしてはならない。それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された」(出エジプト20:8-11)

 それなのに、イエスさまは、その安息日を無効にするかのようなことを言われたのです。
 ある人は、これを聖と俗とに分けて、イエスさまは制度としての俗なる安息日を廃されたが、聖なる安息日は守られたと説明します。けれども、果たして、神さまのお働きをそのように分けることができるのでしょうか。つじつまを合わせるような解釈をいくら積み重ねても、神さまの思いからは離れていくばかりではないでしょうか。ひとつの物事を二階層に分けて自分たちの都合の良い解釈を施す。これは二元論というよりも、プラトンのイディア論を悪用した古代ギリシャのソフィスト(雄弁家とか詭弁家と言われる)に見られる論理構成で、ギリシャ世界の教会に入り込んで来た異端思想グノーシス主義も、それらしい神学を打ち立てています。そんな解釈をする近現代聖書学者たちも、ソフィストや異端並なのかも知れません。
 聖書の解釈にはもっと誠実に向き合う姿勢が大切でしょう。

 ユダヤ人が安息日を大切にした根拠は、「神さまが休まれた」とあるところです。
 しかし、それは、「創造のわざを完成されたから休まれた」のであって、「休まれた」は、人間が理解し得る範疇で言われた宣言なのです。しかし、詩篇には「主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない」(121:3)とある。人間との関わりにおいて、神さまは今に至るまで働いておられる。時代が下るにつれて、安息日の戒律が神さまのご命令の中で厳しくなって来たのは、神さまご自身のことがなおざりにされ、それが時代を経るにつれて大きくなって来たからに他なりません。ですから、安息日に関して本当に聞かなければならないことは、「聖なる日とされた」ということであって、神さまは私たちに、本当の意味で神さまのことを覚える日として、「これを聖なる日とせよ」と言われているわけです。

その意味で、イエスさまは他の誰よりもその日を大切な日、聖なる日としておられました。
 病気を癒し、盲人の目を開き、悪霊を追い出されたなども、イエスさまがその人々をあわれみ、神さまご自身として祝福をお与えになるということだったのです。ヨハネがこの福音書を執筆している一世紀末、異邦人世界に建てられた教会には、すでに福音の形式化や宗教化が進んでいました。多くの異端が発生していたこともそんな傾向に拍車をかけていたのでしょう。ヨハネは、そんな教会に、本当の意味で神さまのことを覚えて欲しいと願いました。
 それは、現代の私たちにも……なのではないでしょうか。



Home