ヨハネによる福音書


私たちの主は
ヨハネ 2:23−25
創世記  3:8−10
T しるしを信じた人々

 今朝のテキストは、「イエスが、過越りの祭の祝いの間、エルサレムにおられたとき」(23)と始まります。この短いテキストは、エルサレムでのイエスさまを描こうとするヨハネ特有の記事(3章)の、序文の役割を果たしているようです。過越の祭りは、ニサンの月(ユダヤ人の正月)14日の夜に行われる一日だけの祭りですが、翌日から一週間、種入れぬパンの祭りが続きますので、それも含め「過越の祭り」と呼ばれ、その期間中に、3章の終わりまで続く出来事がありました。

 「多くの人々が、イエスの行われたしるしを見て、御名を信じた」(23)とあります。3章に続く記事のキイワードは、「しるし」です。「しるし」が、イエスさまを信じる信仰の重要な要素の一つとして上げられています。その意味で、「イエスはこのこと(水をぶどう酒に変えた)を最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現わされた。それで、弟子たちはイエスを信じた」(2:11)という、先のヨハネの証言を理解することが出来るでしょう。23節では、その「しるし」がどんなものか触れられていませんが、カナの奇跡に類似することが、エルサレムでも行われたと考えていいでしょう。この時期、福音の伝播は、「しるし」に負うところが大きかったのでしょう。

 その通り、多くの人たちがイエスさまを信じました。恐らく、「信じた」ということばに、偽りはなかったでしょう。ところが、人間というものは、それほど単純ではありません。彼らは、たちまち変心してしまうのです。ユダヤにはこれまでも多くのメシアが出現しましたが、そのほとんどが、エルサレムを舞台に多くの人々を巻き込み、破局を繰り返していました。2:13-22に、十字架直前の最後の一週間の始まり、宮清めの記事が挿入されています。その日、ロバの子に乗ったイエスさまがエルサレムに入城し、多くの群衆は、シュロの葉を打ち振って「ダビデの子にホサナ」と叫びました。一方、エルサレムの住民は、「いったいこれは何事か。この人は誰だ」と、冷めた目でイエスさま入城を眺めています(マタイ21:9-10)。このエルサレム入城の記事を、ヨハネは、12章で淡々と記録していますが、その時のエルサレム住民(現代人も含め)の冷たい視線を、この宮清めの記事で、先取りして描いているようです。23節に登場する人々の「信じた」という記事は、そんな人々のことであると、ヨハネの冷めた目を感じさせられるではありませんか。


U 大切なことは?

 そんなエルサレムの住民を、誰よりも、イエスさまご自身が知っておられました。「しかし、イエスは、ご自身を彼らにお任せにはならなかった。なぜなら、イエスはすべての人を知っておられたからである」(24)とあります。奇妙な訳・「任せなかった」は、人々がイエスさまを「信じた」(23)という、同じことばに否定語がついたもので、新共同訳の「信用しなかった」がいいのかも知れません。しかし、そう訳しますと、ヨハネの意図するところが、浅薄に聞こえる感があるようです。ここは少々奇妙な訳でも、従来の文語訳、口語訳、新改訳のように、「任せなかった」がいいようです。訳としては、可能ですから(岩波訳参照)。そして、「任せなかった」と訳すことにより、多くのユダヤ人が、メシアと目されるイエスさまを、武力闘争の指導者に担ぎ上げようとしている背景が浮かんで来るようです。当時出現していた自称他称のメシアたちは、そうした人々によって担がれた「みこし」として、武力闘争により、ローマ支配から脱しようとしていました。そんなユダヤ人の反抗心や闘争心が多数の暴徒を生みだし、やがて、AD70年のユダヤ戦争の敗北により、国を失ってしまうのです。そのように聞きますと、「なぜなら、イエスはすべての人(の思い)を知っておられたからである」と続くことばに、実感がこもっていると感じられるではありませんか。ヨハネは、イエスさまは人々のそんな思いに与みしなかったばかりか、やがて、そうした人々によって十字架につけられたではないかと、そこまで証言しているのでしょうか。そんなヨハネの声が聞こえて来るようです。

 確かにヨハネは、「奇跡信仰」を間違いとは言っていませんし、否定もしていません。しかし、その信仰が人々の目を曇らせていたことは、疑い得ないでしょう。イエスさまの「しるし」は、ご自身の内から出て来たものであって、占いや魔術のたぐいではありません。それなのに、「しるし」だけを見る人々は、その内なるところを見ることなく、ただ見えることだけを拾い出し、信じました。人々にとって大切なのは、「信じた自分」なのです。対象はイエスさまでなくてもいいのです。自分たちの要求に応えてくれる「メシア」なら、その真偽を問うことはありません。ヨハネは省きましたが、イエスさま受難のとき人々が、「十字架から降りよ。おれたちを救え。そうしたら信じるから」(マタイ27:42、ルカ23:39参照)と言ったのも、そうしたユダヤ人のありようだったのです。ヨハネは、そんな信仰ではなく、もっと信ずべき確かなものを見て欲しいと願っています。見ていきましょう。


V 私たちの主は

 「人間について誰かに証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである」(25・新共同訳)と、この短い挿入文が閉じられます。この「人」には二回とも定冠詞がついていますので、「人間というもの」くらいの意味でしょう。それは、イエスさまが、人間を創造されたお方・ロゴスであるということが、ヨハネの根底にあったためと思われます。彼は、イエスさまの目を基準に、「人間というもの」を見ようとしています。それは恐らく、福音宣教における、対象としての「人間」なのでしょう。その意味で、イエスさまがどのように「知っておられたのか」を知ることが、ヨハネの伝道者としてのアイデンテティではなかったかと思われます。新年礼拝2で、「ヨハネの福音書は、極めて立体的で伝道的文書である」と指摘しました。その、「イエスさまが知っておられ」「伝道者ヨハネが理解した」「人間というもの」について、2つのことを考えてみたいと思います。

 第一に、「イエスさまはすべての人の心の中を知っておられた」(24・25)とあります。これは、イエスさまが「人間というもの」を創造されたロゴスなる方であるから、「人間というもの」をご自分のものとしてご存じであるという、ヨハネ自身の認識について述べた証言でもあります。ヨハネは、世界の教会の人たちに、「イエスさまは創造者」という視点を提供しています。特にユダヤ人は、イエスさまを信じていてもなお、イエスさまを神さまより一段低いところに見ていましたから、「イエスさまは創造者ご自身である」と、強調する必要がありました。
 第二に、人間というものは、神さまから何度も何度も繰り返し、「知っている」と恩寵のことばをかけられた者であるということです。ところが、アダムは神さまの意志にそむいたために、茂みに隠れなければなりませんでした(創世記3:8)。それが人間の根本的な問題、神さまに知られたくないという行為です。以来、「知っている」「知られている」という神さまと人間の共通認識が、神さまは「知っている」、人間は「知られたくない」と、その認識に変わってしまったのです。25節には、ヨハネのそんな思いが、にじみ出ているように感じられてなりません。

 そもそも、ヨハネがイエスさまを信じる動機に「しるし」を持ち出したのは、ギリシャやローマの世界に、教会が増え広がっていたからです。その世界では、神々への供儀と託宣を中心とする信仰が、その根幹をなしていました。ここではユダヤ人好みに「しるし」としていますが、この福音書執筆当時、ユダヤ人は海外在留組が主流で、教会には、そんなユダヤ人と異邦人が混在していたのです。教会にそういった異教的要素(ユダヤ教も含め)が入り込みつつあるという事情が、ヨハネの念頭にありました。人間は、自分の見たいことだけを見、聞きたいことだけを聞くのです。現代とても、例外ではありません。宗教ということになると、なおさら、そうでしょう。先在のロゴス・イエスさまは、そんな人間の証言を必要とするお方ではないと、ここには、密やかながら、イエスさまのロゴス賛歌が、もう一度持ち出されているようです。1章で語られたロゴス賛歌は、この福音書全編に流れるヨハネ神学の基調といえるでしょう。創造者にして十字架に死なれた先在のロゴス・イエスさまこそ、人間を神さまのもとに回復されるお方であると、ヨハネの証言を聞いていきたいではありませんか。私たちの主は、そんな私たちの「回復」をも含め、何もかも「ご存じ」なのですから。



Home