ヨハネによる福音書


13
喜びの信仰に
ヨハネ 3:22−30
申命記     31:6
T バプテスマのイエス?

 今朝のテキストは、この福音書における、バプテスマのヨハネ最後の証言です。〈この福音書における〉と言いましたが、それは、共観福音書には、ヘロデ・アンティパスによるヨハネの処刑の記事が加えられていますが、この福音書では、その記事が省かれているからです。もっとも、このテキストには、その最後を暗示させるような、ヨハネのことばが付加されています。そのことも含め、見ていきましょう。

 最初に、一つの疑問にぶつかります。「その後、イエスは弟子たちと、ユダヤの地に行き、彼らとともにそこに滞在して、バプテスマを授けておられた。一方、ヨハネもサリムに近いアイノンでバプテスマを授けていた。そこには水が多かったからである。人々は次々にやって来て、バプテスマを受けていた」(22-23)とあります。疑問というのは、イエスさまがバプテスマを授けておられたという点で、まるでそれは、イエスさま初期の活動は「バプテスマのイエス」とでも言いたげです。そのときイエスさまがバプテスマを授けておられた場所は、ヨルダン川の向こう岸(26)で、ヨハネがバプテスマを授けていた場所は、そのすぐ近くの「サリムに近いアイノン」でした。わざわざ「水が多かった」と言われていますので、そこはヨルダン川ではなく、場所は不明ですが、泉(アイノンは泉の意)です。ヨハネの弟子たちは嫉妬し、「先生。見てください。ヨルダンの向こう岸であなたといっしょにいて、あなたが証言なさったあの方がバプテスマを授けておられます。そして、みなあの方のほうへ行きます」(26)と、まるでイエスさまがバプテスマを授けていたかのように言っていますが、それはイエスさまとヨハネが陣取り合戦をしているかのように聞こえ、奇妙なものを感じます。4:2には、「イエスご自身はバプテスマを授けておられたのではなく、弟子たちであった」とあります。

 この記事は共観福音書にはありませんので、福音書記者ヨハネが別の資料を用いたか、あるいは、彼の創作ではないかとも言われています。どちらかは不明ですが、これは、ヨハネの弟子たちの証言をもとにした、バプテスマのヨハネ側の資料であろうと思われます。イエスさまとバプテスマのヨハネが競い合っていた訳ではありませんが、少なくとも、ヨハネの弟子たちは、イエスさまに敵愾心を燃やしていたようです。福音書記者ヨハネが、彼らの証言を、いつ、どのように入手したのかわかりませんが、それは、ヨハネ没後、ヨハネの弟子たちがイエスさまのところに来てからと思われ、かなり時間が経ってからのことです。すると、イエスさまが人々にバプテスマを授けておられたという証言も、あやしくなってきます。この記事は、イエスさまの行動を逐一報告するものではなく、バプテスマのヨハネの、これまでの証言を補足するものであったと言うことが出来るでしょう。


U イエスさまを指し示して

 バプテスマのヨハネのこれまでの証言とは、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」というものです。そのことばを聞いて、アンデレたちはイエスさまについて行き、イエスさまの弟子になるのですが、大半のヨハネの弟子たちは、依然、バプテスマのヨハネこそ「メシア」あると期待していたのでしょう。福音書記者ヨハネは、その期待を、根本的に修正しなければなりませんでした。というのは、バプテスマのヨハネに対する期待は、当時だけの一過性のものではなく、パウロがエペソに行った時にも、ヨハネのバプテスマしか知らない人たちと出会った(使徒19:1-7)という記事があるほど、広範囲に伝えられていたからです。ヨハネがこの福音書を執筆している一世紀末にも、そんな人たちがエペソ界隈にいたとしても、不思議ではありません。そんな人たちに、それは弟子たちだったのですが、イエスさまがバプテスマを……と言っても、何の不都合もありません。むしろ、福音書記者ヨハネは、彼らはキリストであるイエスさまの弟子になるべきであって、バプテスマのヨハネは、そのイエスさまを指し示したのであると、そのことをはっきりさせなければなりませんでした。

 この記事がそのような人たちのためであったと聞くなら、「─ヨハネは、まだ投獄されていなかったからである。それで、ヨハネの弟子たちが、あるユダヤ人ときよめについて論議した─」(24-25)という奇妙な挿入句も、頷けるではありませんか。「投獄されていなかった」とは、裏返すと、ヨハネは間もなく投獄され、ヘロデ・アンティパスによって処刑されると言っているのです。それは、ヨハネの弟子たちも確認したことであり、ユダヤ人にも、広く知られた出来事でした。そして、「きよめ」とはバプテスマのことですが、つまり、バプテスマのヨハネの弟子たちは、ヨハネのバプテスマこそ本物であると主張しているのです。「あるユダヤ人」が誰を指しているかは不明ですが、イエスさまのバプテスマを念頭に置いているように感じられます。イエスのバプテスマがいい、いや、ヨハネのバプテスマだと、いかにもくだらない議論が交わされていたのです。福音書記者ヨハネが意図して用いた「論議」ということばにも、そんな「愚かな議論」という意味が込められています。そんなくだらない議論に費やす時間があるなら、もっとバプテスマのヨハネの証言に耳を傾けなさい。ヨハネはイエスさまを指し示しているではないか。福音書記者ヨハネは、そう言いたかったのではないでしょうか。


V 喜びの信仰に

 バプテスマのヨハネの弟子たちのやるせない怒りに、ヨハネが答えます。「人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることはできません。あなたがたこそ、『私はキリストではなく、その前に遣わされた者である』と私が言ったことの証人です。花嫁を迎える者は花婿です。そこにいて、花婿のことばに耳を傾けているその友人は、花婿の声を聞いて大いに喜びます。それで、私もその喜びで満たされているのです。あの方は盛んになり私は衰えなければなりません」(27-30) 人は神さまの御心によらなければ正しく立つことはできない。私もあなたがたも間違いだらけの人間なのだよ。私は御心に従って自分の務めを果たそうとしている。君たちもうじうじしていないで、「私はキリストではなく、その前に遣わされた者だ」(28)と私が言ったことの証人になるのだ。それこそ君たちの務めではないか。いたずらに心を乱していてはならないと、ヨハネは弟子たちを誡めているようです。しかし、彼らには、そのことがよく分かりませんでした。なぜなら彼らは、「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません」と聞いたからです。彼らが、持って行きようのないやるせない怒りをヨハネにぶつけたのは、ヨハネ先生が衰退して行くという予兆を、イエスさまのバプテスマの光景に感じたからにほかなりません。それでも、ヨハネ没後、ある者たちはイエスさまの弟子となり、このヨハネ証言を、教会資料として保存する証人となりました。そこには、ヨハネの喜びを共有することが出来た、彼らの思いが含まれているようです。福音書記者ヨハネがこの記事を挿入した理由は、ひとつに、彼らの哀しみと喜びを思ってのことだったのではと想像します。

 弟子たちが共有したヨハネの喜びとは、花嫁を迎える花婿の友人として、花婿と共に喜ぶというものです。ややこしい言い方ですが、古代オリエントで、花婿の友人は結婚式前夜に代理求婚など特別の役割を担ったようで、それに似た風習を言っているのです。現代でも教会で行われる結婚式には、ベストマン(新婦には、ブライドメイド)と呼ばれる友人が付き添い、式の重要な役割を担います。それはとても名誉なことで、花婿と一心同体と目されるのです。ヨハネが、花婿・イエスさまの代理として先導役の名誉に与ることができたのは、神さまから召しがあってのことで、そのような神さまのご計画に加わらせて頂いたという喜びは、彼の短い生涯の中で、何にも勝る喜びであると言っているのでしょう。15:13以下で、イエスさまは弟子たち(私たち)を友人と呼び、ご自分は「その友のためにいのちを捨てる」とまで言われています。何と光栄なことではありませんか。福音書記者ヨハネ自身も、そんな光栄の中で百歳近くまで宣教者として働いて来ました。ヨハネ教団と呼ばれる群れが出来ていたかも知れないそんな状況の中で、バプテスマのヨハネも福音書記者ヨハネも、イエスさまを信じる信仰に立ち続けました。「彼は栄え、自分は衰える」と、バプテスマのヨハネは舞台から退場し、福音書記者ヨハネも一世紀末に没しますが、そんな光栄に立った彼らの信仰は、いささかも色あせることはありませんでした。私たちも彼らともに、そんな喜びの信仰に立ち続けたいではありませんか。



Home